ここから本文です。

更新日:2018年7月26日

転出するとき

宇部市から市外に転出するとき

転出の手続きをされますと「転出証明書」をお渡しします。この転出証明書を持って新住所地の市区町村窓口で転入手続きをとってください。

住民基本台帳カードまたはマイナンバーカードをお持ちの方は、転入届の特例の対象となります

転出をされる際、特例のお手続きをされると住基ネットを通じて転出証明書情報を送信するため、転出証明書は交付されません。詳しくは、「住基ネットについて」をご覧ください。

届出期間

転出することが決まった日から転出するまでの間(ただし、急に転出が決まり事前に届出ができないときは、転出してから14日以内)

届出人

本人または転出前の住所で本人と同一世帯の方(世帯主・世帯員)および異動者の配偶者・直系親族です。それ以外の方が届出をする場合は委任状が必要です。
なお、同一世帯であっても直系親族でない場合は委任状が必要です。
異動する方が未成年や成年被後見人などの場合は親権者や成年後見人が届出人となります。

必要なもの

  • 届出人の本人確認ができるもの・・・・運転免許証・保険証など(本人確認書類の一覧表
  • 印鑑登録証・・・・転出されると自動的に抹消されますのでお返しください。必要があれば新住所地の市区町村窓口で新規登録してください。
  • 印鑑・・・・届出人が署名した場合は、押印不要
  • 成年後見人など法定代理人が手続きをされる場合は戸籍謄本(本籍が宇部市の場合は不要です。)や登記事項証明書の原本(発行後3カ月以内のもの)

届出場所

市民課4番窓口、北部総合支所北部地域振興課、市民センター(東岐波、西岐波、厚南、原、厚東、二俣瀬、小野)

郵便で転出証明書を請求することができます

転出証明書が必要なかた」をご覧ください。
転出証明書が届きましたら、新住所地の市区町村窓口で、転入手続きをしてください。

転出に伴った手続きがあります

  • 国民健康保険に加入されている方は、転出(予定)日の翌日をもって資格がなくなります。保険証は保険年金課にお出しください。
  • 後期高齢者医療の被保険者証をお持ちの方は、保険年金課にお出しください。また、県外へ転出の方は負担区分等証明書の交付申請をしてください。
  • 高齢者優待乗車証をお持ちの方は、高齢者総合支援課にお出しください。
  • 介護保険被保険者証をお持ちの方は、転出(予定)日の翌日をもって資格がなくなります。保険証は高齢者総合支援課にお出しください。
  • 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、利用されている障害福祉制度によって、手続きが必要な場合があります。障害福祉課へお問い合わせください。
  • 福祉医療費受給者証(重度心身障害者用)をお持ちの方は、障害福祉課にお出しください。
  • 福祉タクシー券・障害者優待乗車証をお持ちの方は、障害福祉課にお出しください。
  • 児童手当を受給されている方は、子育て支援課に消滅届をお出しください。
  • (特別)児童扶養手当を受給されている方は、子育て支援課で手続きしてください。
  • 乳幼児医療費受給者証・母子家庭医療費受給者証をお持ちの方は、子育て支援課にお出しください。
  • 原付バイク(125cc以下)を所有されている方で、廃車される場合は、市民税課で廃車申告をしてください。その際、印鑑とナンバープレートが必要です。
  • 市立小・中学校在学中の児童生徒がおられる方は、在学証明書等を従来の学校でお受け取りください。
  • 小野と吉部(一部)地区で、農業集落排水施設(小野地区の浄化槽を含む)を使用されている方は、農林振興課で手続きしてください。

詳しくは各担当課にお問い合わせください。

お問い合わせ

組織名称:市民環境部 市民課 届出登録係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8238

ファックス番号:0836-22-6017