ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

住みかえ

高齢化の進展により高齢者のみの世帯が増加するなか、高齢者の住まいのロケーションとして、自然環境に恵まれ、慣れ親しんだ郊外に住み続けることを望む方がいる一方、生活環境や交通などの利便性の高い市街地への住みかえを希望する方もあり、高齢期の住まい方が多様化してきています。また、全国の持ち家の高齢単身・夫婦世帯の約6割は100平方メートル以上の広い住宅に居住しているなど、居住ニーズと住宅ストックにミスマッチが生じており、高齢者の住みかえを支援することにより、空いた住宅を子育て世代に転貸する等、住みかえによるライフサイクルに応じた住まいの確保が求められています。

マイホーム借上げ制度

国の施策の実施・運営を行う、一般社団法人 移住・住みかえ支援機構(JTI)の「マイホーム借上げ制度」は、シニア(50歳以上)のマイホームを最長で終身にわたって借上げて転貸し、安定した賃料収入を保証するものです。これにより自宅を売却することなく住みかえや老後の資金として活用することができます。また、家を借りたい方には、敷金・礼金がないなど、優良な住宅をリーズナブルな家賃で提供されています。
ライフスタイルに合わなくなったシニアの家を、有効に活用することで、家を貸したい方と借りたい方の双方にメリットの生まれる制度です。

詳しい内容は、「一般社団法人 移住・住みかえ支援機構(外部リンク)」のホームページをご覧になってください。

お問い合わせ

組織名称:総合戦略局 政策企画グループ  

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8113

ファックス番号:0836-22-6008