トップ > 暮らし・安心 > 住まい・生活環境 > 動物愛護 > 野生動物へのエサやり防止について

ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

野生動物へのエサやり防止について

 動物を慈しむ気持ちから、野生動物(ハト、カラス、タヌキ等)にエサを与える人がいます。

 しかし、野生動物への定期的なエサやりは、周辺環境を損なう要因になります。

 

次のような問題が発生する可能性があります。

  • 自らエサを探さなくなり、市街地に生息域を変えてしまう。
  • 栄養の過剰摂取により、繁殖回数が増え、個体数が増加することで、生態系のバランスが崩れてしまう。
  • 市街地に動物が集まり、フン害や騒音等の被害が発生する。
  • 人に食べ物をねだったり、ときには襲いかかってくる。

 エサを与えることは、野生動物の保護には繋がりません。

 野生動物は自分でエサを取ることができますので、エサを与えるのはやめましょう。

お問い合わせ

組織名称:市民環境部 生活衛生課 生活衛生係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8252

ファックス番号:0836-22-6016

  • イベントカレンダー
  • オンラインサービス(図書館蔵書検索、ごみ収集日カレンダー、公共施設予約、電子申請、電子地図ほか)
  • よくある質問と回答
  • 相談窓口
  • 公共施設案内