トップ > 暮らし・安心 > 市税 > 市税に関する証明書・閲覧 > 税務証明(窓口・郵送による申請)での本人確認

ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

税務証明(窓口・郵送による申請)での本人確認

平成21年2月2日月曜日から、市民の個人情報の保護を図ることを目的として、窓口に申請に来られた人及び郵送により申請される人の本人確認書類等による本人確認を行います。このことに伴い、従来の印鑑の押印による申請者の本人確認を廃止させていただきます。

申請される皆様には、ご負担をおかけすることになりますが、証明及び閲覧請求等が適正に行われるよう十分に注意しておりますので、趣旨をご理解の上、ご協力をお願い申し上げます。

本人確認を行う申請書等

  • 市県民税所得・課税証明書交付申請書
  • 固定資産税評価・公課証明書等交付申請書
  • 納税証明書交付申請書
  • 継続検査(車検)用軽自動車税納税証明書交付申請書
  • 法人所在証明願
  • 固定資産名寄帳兼課税台帳閲覧申請書
  • 税務証明郵送申込による申請

本人確認をする人

  • 窓口に来られた人(代理人を含む)
  • 郵送により申請される人

代理人が申請される場合は、委任状も併せて必要です。

本人確認の方法

窓口に来られた人

顔写真の貼付された官公署が発行した本人確認書類の提示により行います(個人番号カード、運転免許証、パスポート、顔写真付きの住民基本台帳カードなど:下記一覧1参照)。

上記のものをお持ちでない人は、健康保険証、年金手帳、社員証などの本人の名前の入った証明書など(下記一覧2参照)を2つ以上ご提示いただきます。

郵送により申請される人

現住所、氏名の記載がある本人確認書類(下記一覧1及び2参照)の写しを添付していただきます。税務証明書は本人確認書類の写しに記載された現住所へ送付します。

申請者が法人の場合は、申請者の申込者氏名欄に法人名の入った印を押印下さい。本人確認書類は必要ありません。

本人確認書類の一覧

証明書等については、現に有効なものであること。(有効期限のあるものは、有効期限内のものに限り有効)

1.顔写真の貼付された官公署が発行した書類(例)

マイナンバーカード(個人番号カード)、運転免許証、旅券(パスポート)、住民基本台帳カード(顔写真付き)、外国人登録証明書、在留カード、特別永住者証明書、身体障害者手帳(顔写真付き)、船員手帳、海技免状、猟銃・空気銃所持許可証、戦傷病者手帳、宅地建物取引主任者証、電気工事士免状、認定電気工事従事者認定証、特殊電気工事資格者認定証、耐空検査員の証、航空従事者技能証明書、運航管理者技能検定合格証明書、教習資格認定証、動力車操縦者運転免許証、検定合格証(警備員)、無線従事者免許証、療育手帳、小型船舶操縦免許証、精神障害者保健福祉手帳、運転経歴証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書、官公署の職員の身分証明書など

2.その他の本人であることを証する書類(例)

健康保険の被保険者証、各種年金証書(手帳)、介護保険被保険者証、恩給証書、生活保護受給者証、住民基本台帳カード(顔写真なし)、学生証(国・または地方公共団体のもの)、雇用保険受給資格者証、高齢者バス優待乗車証(本市発行のもの)、その他本人の名前の入った資格証で顔写真付きのもの

お問い合わせ

組織名称:総務財務部 市民税課 税制係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8197

ファックス番号:0836-22-6084