トップ > 暮らし・安心 > 市税 > 年金と税金

ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

年金と税金

公的年金の種類

公的年金には国民年金、厚生年金、共済年金などがあります。なお、障害年金や遺族年金には課税されません。

公的年金等にかかる雑所得の計算方法

年金は、雑所得として所得税、市県民税がかかります。
公的年金等の雑所得=公的年金等の収入金額-公的年金等控除額

公的年金等の雑所得の求め方

受給者の年齢 公的年金等の収入金額の合計額 公的年金等に係る雑所得の金額
65歳以上の人 1円から1,200,000円 0円
1,200,001円から3,299,999円 収入金額-1,200,000円
3,300,000円から4,099,999円 収入金額×75%-375,000円
4,100,000円から7,699,999円 収入金額×85%-785,000円
7,700,000円から 収入金額×95%-1,555,000円
65歳未満の人 1円から700,000円 0円
700,001円から1,299,999円 収入金額-700,000円
1,300,000円から4,099,999円 収入金額×75%-375,000円
4,100,000円から7,699,999円 収入金額×85%-785,000円
7,700,000円から 収入金額×95%-1,555,000円

市県民税が課税されない年金収入金額

市県民税には一定基準額以下の収入の人には課税しないとする制度があります。
たとえば65歳以上の人で、収入が公的年金のみの人の場合、1,520,000円までの収入には市県民税は課税されません。

公的年金等の支払いを受けている人の市県民税の申告

所得税の確定申告を行わない人で、次のような人は市県民税の申告をしなければなりません。

  1. 公的年金等以外の所得(たとえば、事業所得、不動産所得など)がある人
  2. 公的年金等から雑損控除、医療費控除、社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除や配偶者特別控除などの各種控除を受けようとする人

お問い合わせ

組織名称:総務財務部 市民税課 市民税係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8187

ファックス番号:0836-22-6084