ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

療養の給付

病気やけがをしたとき、病院に保険証を提示すれば、かかった医療費のうち一部の自己負担額(一部負担金)で治療が受けられます。

また、70歳以上の方は、保険証に一部負担金の割合が記載してあります。

70歳未満の方の医療費の一部負担金の割合について

区分 一部負担金の割合
一般被保険者及び退職被保険者 3割
上記のうち就学前児童 2割

入院時の食事代は除きます。

70歳以上の方の医療費の一部負担金の割合について

所得に応じて医療費を負担します。

区分 一部負担金の割合
一般(現役並み所得者を除く) 1割(注1)
2割(注2)
現役並み所得者(注3) 3割

入院時の食事代は除きます。

  • (注1)生年月日が昭和19年4月1日以前の方
  • (注2)生年月日が昭和19年4月2日以降の方は、70歳の誕生日の翌月(ただし、各月1日が誕生日の方はその月から)の診療分から2割負担となります。(例)平成30年4月2日~5月1日に70歳の誕生日を迎える方は、5月の診療から2割負担になります。
  • (注3)現役並み所得者
    課税所得が145万円以上の70歳以上の被保険者がいる世帯に属する方。
    ただし、平成27年1月1日以降、新たに70歳となる昭和20年1月2日以降生まれの被保険者の属する世帯で、同一世帯の70歳以上の被保険者に係る旧ただし書所得の合計額が210万円以下である場合は一般(1割または2割負担)になります。
    また、70歳以上の方の年収が複数人世帯で520万円、単身世帯で383万円を下回る場合は、市に申請すれば一般(1割または2割負担)になります。

お問い合わせ

組織名称:健康福祉部 保険年金課 国民健康保険係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8294

ファックス番号:0836-22-6019