トップ > 暮らし・安心 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 限度額適用認定証、限度額適用・標準負担額減額認定証

ここから本文です。

更新日:2018年6月21日

限度額適用認定証、限度額適用・標準負担額減額認定証

「限度額適用認定証」の交付を受け、医療機関に提示することで、月ごとの1つの医療機関での支払いが自己負担限度額までとなります。また、住民税非課税世帯の方は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受け、医療機関に提示することで、月ごとの1つの医療機関での支払いが自己負担限度額までとなり、入院時の食事代も減額されます。自己負担限度額については、高額療養費の支給、また、入院時の食事代については、入院時食事療養費の支給をご覧ください。

※認定証は申請日の属する月の初日からの認定となり、遡っての適用はありません。

※自己負担限度額には、入院時の食事代や保険適用外の病衣・差額ベッド代などは含まれておりません。

※保険料の滞納がある場合には、納付又は納付相談を行っていただきます。

申請に必要なもの

  • 国民健康保険被保険者証

※認定証交付対象の有無など事前にお問合せください。

認定証の更新について

認定証の有効期限は、毎年7月31日までです。住民税の課税状況により該当する区分を判定しますので、引き続き認定を受ける必要があるときは8月中に更新の申請をしてください。
なお、保険料の滞納がある場合には、納付又は納付相談を行っていただきます。

その他

  • 認定証の記載事項に変更があった場合には14日以内に訂正を受けてください。
  • 転出、死亡等被保険者の資格がなくなった場合には、速やかに認定証を返納してください。

お問い合わせ

組織名称:健康福祉部 保険年金課 国民健康保険係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8294

ファックス番号:0836-22-6019