トップ > 暮らし・安心 > 保険・年金 > 国民健康保険 > ジェネリック(後発)医薬品について

ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

ジェネリック(後発)医薬品について

ジェネリック医薬品とは

「ジェネリック医薬品」とは、先発医薬品(新薬)の特許が切れた後に他のメーカーが同様に製造したものです。先発医薬品と同一の有効成分を含み、品質・有効性・安全性がほぼ同等であるものとして認可され、先発医薬品より低価格で薬代の負担が軽減される場合があります。

ジェネリック医薬品差額通知について

先発医薬品を使用されている方が、ジェネリック(後発)医薬品に切り替えた場合、どのくらい自己負担額が軽減できるか試算し差額通知書の送付をはじめました。

対象者

宇部市国民健康保険の40歳以上の被保険者で、比較的長期に服薬をされ、薬代の自己負担額がひと月に概ね300円以上軽減が見込まれる方です。

通知時期

各年度の8月と2月に差額通知書の発送を予定しています。

ご注意

*ジェネリック医薬品を希望される場合は、必ず、医師、薬剤師等にご相談ください。
*ジェネリック医薬品差額通知書は、薬代のみを対象としています。医療機関や薬局に支払う額には、処方や調剤に関する費用が含まれるため医療費総額としては減額にならない場合もあります。

お問い合わせ

組織名称:健康福祉部 保険年金課 国民健康保険係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8294

ファックス番号:0836-22-6019