本文へ
文字サイズ
拡大
縮小
色の変更
標準
1
2
3
  • トップ
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign language
  • 暮らし・安心
    • 防災・国民保護
    • 救急・消防
    • 安全・安心・相談
    • 届出・証明書
    • 市税
    • 保険・年金
    • ごみ・リサイクル・衛生
    • 住まい・生活環境
    • 雇用・労働
    • 市民活動・ボランティア・人権
    • 選挙
    • 公共交通・市営駐車場
    • 火葬場・墓地
  • 子育て・教育
    • 母子の健康
    • 子育て支援
    • 保育園・幼稚園
    • 小中学校
    • 手当・助成
    • ひとり親家庭支援
    • 教育・健全育成
    • うべきっず
  • 健康・福祉
    • 成人の健康
    • 医療
    • 健康保険
    • 障害者福祉
    • 高齢者福祉
    • 介護保険
    • その他の福祉
  • 教養・イベント
    • 歴史・文化財
    • 彫刻とうべ
    • 宇部市立図書館
    • 宇部志立市民大学
    • 社会教育・生涯学習
    • 祭り・催し
    • 文化・芸術
    • スポーツ・レクレーション
    • レノファ山口FCを応援しよう!
    • ナナシマチ
    • 宇部市・宇部市教育委員会後援申請
    • ときわ公園公式サイト
    • ときわ動物園公式サイト
    • ときわミュージアム公式サイト
  • まちづくり・ビジネス
    • うべで暮らしませんか
    • 本庁舎建設への取組
    • 環境保全
    • 都市計画・景観・緑化
    • 建築・開発・土地
    • 道路・河川
    • 上下水道
    • 産業
    • うべ元気ブランド
    • 中山間地域づくり
    • 募集・入札・契約
  • 市の紹介・市政
    • 宇部市の紹介
    • 遊びに来ませんか うべ
    • 市長室
    • 市議会
    • 行政視察受け入れのご案内
    • 計画・施策
    • 財政
    • 統計
    • 情報公開
    • 広報・広聴
    • 職員募集・人事・給与
    • 監査
    • 合併
    • 市役所のご案内
    • 宇部市条例規程類集

ここから本文です。

更新日:2017年6月1日

保険料の軽減

保険料の軽減制度

平成29年度は、軽減判定基準が変更になりました。

国民健康保険料は、その世帯の前年中の合計所得金額が下表の基準額を超えない場合、均等割・平等割の金額が軽減されます。
軽減判定所得(平成28年中の所得金額)
被保険者数 2割軽減 5割軽減 7割軽減
1人 820,000円以下 600,000円以下 330,000円以下
2人 1,310,000円以下 870,000円以下
3人 1,800,000円以下 1,140,000円以下
4人 2,290,000円以下 1,410,000円以下
5人 2,780,000円以下 1,680,000円以下
1人増すごと 490,000円加算 270,000円加算
  • 軽減判定所得は、毎年4月1日現在(4月2日以降に新規国保世帯となる場合はその時点)の世帯状況で判定します。
  • 65歳以上(昭和27年1月1日以前生まれ)の場合は、公的年金等雑所得から15万円控除して判定します。
  • 7割・5割・2割軽減に該当する世帯は、保険料が自動計算されますので申請の必要はありません。
  • 被保険者数は加入者及び旧国保被保険者数を含みます。
  • 軽減判定所得は、加入者、旧国保被保険者及び世帯主の所得を含みます。
    ※旧国保被保険者とは、後期高齢者医療へ移行し、国民健康保険被保険者資格を失った方です。

国民健康保険の加入者が複数世帯から単身世帯になる方

同一世帯内の国民健康保険被保険者が後期高齢者医療制度に移行することに伴い単身世帯となる方は、平等割で賦課される国民健康保険料が5年間は2分の1、その後3年間は4分の1減額されます。世帯主が変わった場合は、減額されなくなり通常の額に戻ります。軽減は自動計算されますので、申請は不要です。

被用者保険の旧被扶養者の方の保険料負担に対する緩和措置

75歳以上の被用者保険の被保険者が後期高齢者医療保険の被保険者になったことに伴い、被用者保険の被扶養者から国民健康保険の被保険者となった65歳以上の方(以下「旧被扶養者」といいます。)については、新たに国民健康保険料が賦課されることになるため、申請に基づき保険料の軽減措置を行います。

軽減の対象となる方

以下、すべてに該当する方です。

  1. 国民健康保険の被保険者の資格を取得した日に、65歳以上75歳未満の方
  2. 国民健康保険の被保険者の資格を取得した日の前日に被用者保険の被扶養者であった方
  3. 国民健康保険の被保険者の資格を取得した日の前日に扶養関係にあった被用者保険の被保険者本人が、その翌日に後期高齢者医療被保険者となった場合

軽減される額

国民健康保険料のうち所得割で賦課される保険料が免除、均等割で賦課される保険料が5割減額されます。また、旧被扶養者のみが被保険者の国民健康保険世帯については、平等割で賦課される国民健康保険料も5割減額されます。

申請に必要なもの

  1. 印鑑(認印可)
  2. 申請書(保険年金課・各市民センター・北部総合支所市民生活課にあります)

手続きができるところ

保険年金課・各市民センター・北部総合支所市民生活課

倒産・解雇などによる離職(特定受給資格者)や雇い止めなどによる離職(特定理由離職者)をされた方

国民健康保険被保険者の方で、以下のすべてに該当される方は、申請により国民健康保険料が軽減されます。

雇用保険受給資格者証の記載

以下のすべてに該当する方です。「雇用保険特例受給資格者証」と「雇用保険高年齢受給資格者証」の場合は対象となりません。

  1. 離職日時点で、65歳未満の方
  2. 離職日が、平成21年3月31日以降の方
  3. 離職理由コードが、11、12、21、22、23、31、32、33、34のいずれかの方
  • 上記の条件を満たし、雇用保険の受給資格を取得された方で、被用者保険の適用を受けた後に離職され、新たに雇用保険の受給資格を取得されない場合は、軽減を受けられることがあります。詳しくは保険一係までお問い合わせください。
  • 雇用保険が無い方又は65歳以上の方で、倒産・解雇・雇い止めなどにより離職を余儀なくされ、保険料の納付が困難な場合は、納付相談にお越しください。

軽減される額

国民健康保険料は、前年の所得などにより算定されます。軽減に該当すると、失業者本人の前年の給料所得をその30/100とみなして計算します。給料所得以外のその他の所得の軽減はありません。 

軽減される期間

離職の翌日の属する月から翌年度末までの期間です。

申請に必要なもの

  1. 印鑑(認印可)
  2. 雇用保険受給資格者証
  3. 申請書(保険年金課・各市民センター・北部総合支所市民生活課にあります)

手続きができるところ

保険年金課・各市民センター・北部総合支所市民生活課

お問い合わせ

組織名称:健康福祉部 保険年金課 保険一係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8287

ファックス番号:0836-22-6019