トップ > 事業系ごみの搬入物展開検査を実施しています

ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

事業系ごみの搬入物展開検査を実施しています

本市では、焼却場に搬入される事業系ごみの展開検査を随時実施しています。

展開検査を実施することで、リサイクル可能な資源物の再資源化を進めると共に、産業廃棄物の混入を防ぐことにより適正な廃棄物の搬入を推進しています。

展開検査とは

  • ごみ収集車の搬入物を検査スペースに排出し、職員が確認する検査で、30分程度かかります。
  • 通常車両(トラック、ワンボックス等)は、投入ゲート前で検査、聞き取りをします。 

どちらの場合も、搬入不適物はすべて持ち帰りとなります。

搬入不適物とは

  • 事業活動に伴い排出される全ての産業廃棄物 (廃棄物処理法第2条第4項・政令第2条)

注意…紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残渣、動物系固形不要物は業種指定があります。

例…発泡スチロール、ビニールシート、土嚢袋、網、など

本市の焼却施設では産業廃棄物の処理はできません。

品目ごとに許可を持った産業廃棄物の収集運搬・処分業者に委託し、適正な処理をしてください。

展開検査の状況

車両の展開検査で見つかった搬入不適(禁止)物です。

  • 廃プラスチック類(ストレッチフィルム、衣料品店のハンガー)
    不適物1
  • 廃プラスチック類(発泡スチロール)
    不適物2
  • 廃プラスチック類(FRP板)
    不適物3

<注意>
産業廃棄物の搬入は、山口県宇部環境保健所と情報共有を行いながら監視を行っています。
適正処理にご協力をお願いいたします。

紙ごみの再資源化にご協力ください

焼却場に搬入されるごみの中に、再資源化可能な紙ごみが多量に混ざっています。
資源化・減量化の推進のため、再資源化可能な紙ごみはきちんと分別し、リサイクル業者に引き渡してください。

事業系紙ごみの分別方法(PDF:320KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:市民環境部 廃棄物対策課 ごみ減量推進係

所在地:〒755-0001 宇部市大字沖宇部字沖ノ山5272番地6

電話番号:0836-34-8247

ファックス番号:0836-33-7294

  • イベントカレンダー
  • オンラインサービス(図書館蔵書検索、ごみ収集日カレンダー、公共施設予約、電子申請、電子地図ほか)
  • よくある質問と回答
  • 相談窓口
  • 公共施設案内