トップ > 暮らし・安心 > 住まい・生活環境 > 害虫 > アルゼンチンアリ

ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

アルゼンチンアリ

アルゼンチンアリの概要

このアリは、1993年広島県廿日市市で日本では初めて生息が確認されました。
その後、兵庫県、愛知県、神奈川県、岐阜県へ分布域を拡大し、山口県では2001年に岩国市、柳井市で確認されていますが、2008年4月24日宇部市内(藤山地区)で、初めて生息が確認されました。
宇部市では、今後、生息状況について把握していきますので、類似するアリを見かけたらご連絡ください。

アルゼンチンアリの特徴

アルゼンチンアリ
(日本産アリ類画像データベースより)

  • 体長 2~3ミリメートル
  • 体色 茶色(赤褐色~黒褐色)
  • 体形 細長い
  • 行動 動きが大変素早く、えさを採りに向かうときに、多数の働きアリが行列を作る
  • 毒性 毒針は持たないため、人体への影響は少ない

以上の特徴がありますが、小さいアリですので一目見ただけでは、区別するのは難しいようです。

アルゼンチンアリの生態

アルゼンチンアリは、大変食欲の旺盛な雑食性のアリで甘味成分を好んで食べます。
地中にも巣を作りますが、物の隙間等を好み、倒木や石の下、ブロック等の隙間や割れ目、プランターの下、車のトランクの中など、どんな場所でも巣をつくります。
アルゼンチンアリの働きアリの活動温度は、気温摂氏5度から35度の範囲内で、特に活発に繁殖するのは 9月から10月の時期です。

アルゼンチンアリの防除法

アリが集まりやすい環境をなくす

アルゼンチンアリは、様々な場所に巣を作りますが、特に、物の隙間や人手が加わった場所を好みますので、そのような場所を作らないよう心掛ける必要があります。

  1. ブルーシート、ベニヤ板、植木鉢、プランター、ブロックなど地面にじかに置かず、立て掛けるか台の上に置く。
  2. 壁のひび割れ、地面と壁の境にある穴などの隙間をシーリング材などで埋める。
  3. テーブルの上などに長時間飲食物を放置しない。

殺虫剤の使用

繁殖力が強く、どこにでも巣を作るため駆除は簡単ではありませんが、もともと殺虫剤には弱いアリなので、それぞれの殺虫剤を組み合わせて使うと効果的です。

スプレー型

家壁やコンクリート壁の隙間などに潜んだアリを駆除する時に効果的です。
アリの行列を発見した場合、行列を追いかけて巣の位置を突き止めたうえで、ロングノズルを取り付けて隙間にしっかり差し込んで、奥深くまで十分の量の殺虫剤が行きわたるように、たっぷり吹き付けてください。

液体型

アリ同士が体を舐めあう習性を利用した殺虫剤で、見えない所に潜んだアリの巣全体を駆除する時に効果的です。
アリの行列や巣穴を探して必ず直接散布してください。2~3日で巣全体に効果が行きわたります。

粉末型

建物の中へ侵入してこようとするアリをブロックしたいときに効果的です。
建物の周りを、殺虫剤で一周取り囲むように、隙間なく散布してください。

ベイト(餌)型

働きアリがえさを巣に持ち帰り、仲間に分け与える習性を利用した殺虫剤で、巣全体を駆除する時に効果的です。
アリの巣の入口やアリの行列付近に、2~3メートル間隔で充分な数を配置してください。アリの行列の上に直接置いたりしてアリを刺激すると、警戒して殺虫剤に近づかない場合があります。その場合は別の場所へ配置しなおしてください。

関連サイト

お問い合わせ

組織名称:市民環境部 生活衛生課 生活衛生係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8252

ファックス番号:0836-22-6016