トップ > 暮らし・安心 > 防災・国民保護 > 国民保護 > 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動

ここから本文です。

更新日:2018年4月4日

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動

弾道ミサイルが発射され日本に落下する可能性があるときは、市民の皆様に、うべメールサービス(宇部市防災メール)やエリアメール・緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

避難に関するメッセージが流れたら、落ち着いて、近くにいる方と声を掛け合い、お互い協力して直ちに避難行動を行ってください。なお、周囲に緊急情報に気付いていない子どもなどがいる場合には、可能な範囲で避難の声掛けや、建物内への誘導などをお願いします。

緊急情報が流れた際、市民の皆様がとるべき行動については、次の資料を参考にしてください。

スマートフォンの方は、こちらをご覧ください。

      弾道ミサイル落下時に身を守るための行動についてのページQR

武力攻撃事態等における避難施設

武力攻撃事態等において、住民の避難及び避難住民等の救援を的確かつ迅速に実施するため、国民保護法に基づき、山口県が避難施設を指定しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:防災危機管理監 防災危機管理課 防災危機管理係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8139

ファックス番号:0836-29-4266

  • イベントカレンダー
  • オンラインサービス(図書館蔵書検索、ごみ収集日カレンダー、公共施設予約、電子申請、電子地図ほか)
  • よくある質問と回答
  • 相談窓口一覧
  • 公共施設案内
  • フェイスブック 宇部市公式ページ一覧