トップ > 暮らし・安心 > 防災・国民保護 > 宇部市業務継続計画・宇部市災害時受援計画

ここから本文です。

更新日:2018年6月21日

宇部市業務継続計画・宇部市災害時受援計画

宇部市業務継続計画(BCP:Business Continuity Plan)

大規模災害が発生した際、市は災害応急対策活動及び災害からの復旧・復興活動の主体として重要な役割を担うことになる一方、災害時であっても継続して行わなければならない通常業務を抱えています。大規模災害発生時にあっても、これらの災害対応業務や優先度の高い通常業務が適切に継続できる体制をあらかじめ整えておくことが重要です。
このため、市が優先して取り組むべき業務を選定し、それらの業務を継続できる体制を構築しておくことが必要であるため、宇部市防災基本条例第19条に基づき、平成26年4月に宇部市業務継続計画を策定しました。

宇部市災害時受援計画

東日本大震災や平成28年熊本地震などの過去の災害では、被災自治体は応援を必要としたものの、目の前の業務に忙殺され受入体制が調整できず、外部からの応援を十分に活用できない事態や応援職員の派遣を断らざるを得ない事態も発生しました。
このような教訓を踏まえ、災害時に外部からの応援を円滑に受入れ、その支援を最大限活用して早期復旧を図るため、あらかじめ、応援を必要とする業務や受入体制などを具体的に定めておくことが必要であることから、平成29年5月に宇部市災害時受援計画を策定しました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:防災危機管理監 防災危機管理課 防災危機管理係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8139

ファックス番号:0836-29-4266