ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

相談事例6

県をかたった不審な電話がかかってきた

Q.突然、県の保険年金局の者と名乗る人が、電話をかけてきて「健康保険証の管理業務に必要があるので、あなたの住所と名前と電話番号を教えてください。」などと言われ、県からの電話と信じて、自分の個人情報を言ってしまったが、本当に県には保険年金局は存在するのか。また、そういった調査があるのか。


A.県には、保険年金局という部署は存在しません。また、健康保険証に関する業務については、県が行う事務ではありませんし、そういった個人情報を聞き出すような調査自体がありえないと思われます。
この事例のように、県や市、社会保険事務所、労働基準監督署などの公的機関をかたって、個人情報を聞き出すという業者が存在するようです。そもそも、公的機関が、何の関係もないのに突然電話をし、個人情報を聞き出すということは、常識的にありえないことです。このような電話がかかってきた場合、不審に思ったら「折り返し電話をするので、部署と名前を教えてください。」と言って、いったん電話を切るほうがよいと思われます。そして、実際の公的機関に電話をすれば、本当に公的機関からの電話かどうかを確認することができます。
また、封書などでアンケートと称して、身上調査のようなことを行っている業者も存在するようですので、個人情報の管理については、日ごろから注意が必要です。

お問い合わせ

組織名称:市民環境部 市民活動課 市民相談係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8126

ファックス番号:0836-22-6004