トップ > 暮らし・安心 > 安全・安心・相談 > 消費生活 > 消費生活メールマガジン > 銀行窓口での外貨建て保険の契約トラブルに気を付けましょう。

ここから本文です。

更新日:2019年5月10日

銀行窓口での外貨建て保険の契約トラブルに気を付けましょう。

「定期預金が満期になったので銀行に行き、理解がよく出来ないまま別室で契約書にサインをしたところ、預金をしたつもりが外貨建ての保険だった。」という相談が寄せられています。

銀行の窓口でも、保険商品の販売が行われる事があります。預金の契約が満期になった時などを契機に、新たに保険や金融商品を勧められる事があるので注意が必要です。内容がよく分からなければ契約は一人で判断しようとせず、その場で契約する事は止めましょう。契約時に書類をよく見て確認する事が大切です。

生命保険の契約は、クーリング・オフ出来る場合がありますが、外貨建ての保険の場合、クーリング・オフをしても損失が生じる可能性があります。
一人で悩まずに家族や周囲の方、消費生活センターに相談しましょう。

お問い合わせ

組織名称:宇部市消費生活センター

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8157

ファックス番号:0836-22-6004