トップ > 暮らし・安心 > 安全・安心・相談 > 交通安全 > 「ゾーン30」の運用開始について

ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

「ゾーン30」の運用開始について

現在、松山町一丁目、錦町、松山町二丁目の区域を「ゾーン30」として3箇所設定しています。新たに、平成27年9月24日から岬、見初及び新川校区自治会、宇部警察署と協力のもと、松山町5丁目、昭和町一丁目、大字小串周辺の3箇所の運用を開始します。

「ゾーン30」とは

「ゾーン30」とは、市街地等で通学路が集中する区域などを、歩行者や自転車の通行を優先するゾーンに設定し、区域内道路の最高速度を30キロに規制するほか、区域入口に「ゾーン30」の路面表示を実施し、区域を明確化することで、自動車の速度から抜け道利用を抑制し、交通事故防止を図るものです。

「ゾーン30」の区域について

ドライバーの皆さんへ

  • 「ゾーン30」内は、制限速度を守り、歩行者や自転車に気を付けて通行しましょう。
  • 「ゾーン30」内の通り抜けは、控えましょう。

参考ページ

山口県警察本部「ゾーン30とは」(外部リンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:市民環境部 市民活動課 交通防犯対策係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8235

ファックス番号:0836-22-6016