本文へ
文字サイズ
拡大
縮小
色の変更
標準
1
2
3
  • トップ
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign language
  • 暮らし・安心
    • 防災・国民保護
    • 救急・消防
    • 安全・安心・相談
    • 届出・証明書
    • 市税
    • 保険・年金
    • ごみ・リサイクル・衛生
    • 住まい・生活環境
    • 雇用・労働
    • 市民活動・ボランティア・人権
    • 選挙
    • 公共交通・市営駐車場
    • 火葬場・墓地
  • 子育て・教育
    • 母子の健康
    • 子育て支援
    • 保育園・幼稚園
    • 小中学校
    • 手当・助成
    • ひとり親家庭支援
    • 教育・健全育成
    • うべきっず
  • 健康・福祉
    • 成人の健康
    • 医療
    • 健康保険
    • 障害者福祉
    • 高齢者福祉
    • 介護保険
    • その他の福祉
  • 教養・イベント
    • 歴史・文化財
    • 彫刻とうべ
    • 宇部市立図書館
    • 宇部志立市民大学
    • 社会教育・生涯学習
    • 祭り・催し
    • 文化・芸術
    • スポーツ・レクレーション
    • レノファ山口FCを応援しよう!
    • ナナシマチ
    • 宇部市・宇部市教育委員会後援申請
    • ときわ公園公式サイト
    • ときわ動物園公式サイト
    • ときわミュージアム公式サイト
  • まちづくり・ビジネス
    • うべで暮らしませんか
    • 本庁舎建設への取組
    • 環境保全
    • 都市計画・景観・緑化
    • 建築・開発・土地
    • 道路・河川
    • 上下水道
    • 産業
    • うべ元気ブランド
    • 中山間地域づくり
    • 募集・入札・契約
  • 市の紹介・市政
    • 宇部市の紹介
    • 遊びに来ませんか うべ
    • 市長室
    • 市議会
    • 行政視察受け入れのご案内
    • 計画・施策
    • 財政
    • 統計
    • 情報公開
    • 広報・広聴
    • 職員募集・人事・給与
    • 監査
    • 合併
    • 市役所のご案内
    • 宇部市条例規程類集

トップ > 子育て・教育 > 手当・助成 > 就学援助制度

ここから本文です。

更新日:2017年11月22日

就学援助制度

平成30年4月に公立小・中学校に入学予定のお子様をお持ちの保護者を対象に、就学援助費の申請受付を平成30年1月に前倒しし、認定となった方には、入学準備金を入学前(3月)に支給します。

くわしくは入学準備金の入学前支給のお知らせをご覧ください。

  1. 就学援助制度とは
  2. 援助の内容
  3. 支給方法
  4. 申請手続き(申請書様式)
  5. 援助が受けられる方
  6. 変更等の届け
  7. 認定を取り消す場合
  8. 入学準備金の入学前支給のお知らせ

1.就学援助制度とは

就学援助制度は、教育の機会均等という見地から、公立の小・中学校に就学し、経済的な理由で給食費の支払いや学用品等の購入が困難な児童・生徒の保護者に対して、その費用の一部を援助する制度です。
援助の対象となる方は、生活保護法による保護の対象となる方及びこれに準ずる程度に困窮している方です。

2.援助の内容

(1)学用品費等

種類 援助額
1 学用品費 定額
※学期に1度。学校で集金される教材費と同額ではありません。
2 新入学学用品費等(入学準備金) 定額
※新一年生で、4月1日付け認定者が対象。入学準備金として支給された方には重複しての支給はありません。
3 通学費

公共交通機関の運賃実費(通学定期券代等。限度額あり。)

※片道の通学距離が児童で4キロメートル以上、生徒で6キロメートル以上の場合が対象

※校区外通学は対象となりません。
※特別支援学級児童生徒は距離を問いません。

4 修学旅行費 実費(限度額あり)
※修学旅行に参加した時点での認定者が対象
5 校外活動費(宿泊を伴うもの) 交通費・見学料の実費(限度額あり)
※校外活動(宿泊を伴うもの)に参加した時点での認定者が対象

(2)医療費

児童・生徒が学校の健康診断で、次の学校病と診断され、学校で治療の指示を受けた場合、その疾病の治療に要する経費

  • トラコーマ及び結膜炎 (アレルギー性除く)
  • 中耳炎
  • 白癬、疥癬及び膿痂疹
  • 慢性副鼻腔炎及びアデノイド
  • う歯
  • 寄生虫病(虫卵保有を含む)

該当する方には学校を通して教育委員会の発行する医療券を配付しますので、受診前に医療機関に提出し、治療を受けてください。
※受診前に医療券を提示しない場合は、自己負担となります。

(3)学校給食費

学校給食に要する経費(現物支給)

3.支給方法

給食費は教育委員会から直接学校へ支払います。(すでに学校に支払った給食費がある場合は、交付決定後に返金されます。)学用品費等は、申請書で選択された口座(申請者の口座又は学校長の口座)に振り込みます。医療費は教育委員会から直接医療機関へ支払います。

就学援助費の交付決定後は、学校からの給食費の集金はなくなりますが、教材費の集金は引き続き行われます。
就学援助の申請をした後も、学校の校納金は学校の指示どおりに納入してください。学校長に支払うべき費用の納入を1か月でも怠ったときは、学用品費等も学校長の口座への振込みに変更します。

4.申請手続き

(1)申請方法

保護者の方が、教育委員会総務課または各小・中学校に、申請書及び必要書類を直接提出してください。

※申請書は、教育委員会総務課及び各小・中学校にもあります。

※市役所本庁舎には申請窓口はありません。また、郵送での受付は行っておりません。

(2)申請期間

毎年3月から受付を開始します。今まで就学援助を受けていた方も、毎年度申請が必要です。
※6月末までに申請して認定された方は、4月分から援助の対象となります。

※7月1日以降に申請して認定された方は、申請月分から援助の対象となります。(8月申請の場合は、9月から)

(3)必要書類等

  1. 同居者全員の前年(平成28年1月から12月)分の年間収入(パート・アルバイトも含む)を確認できる書類

    1. 5月31日までに申請される場合
      • 源泉徴収票、確定申告書の控え、年金の源泉徴収票、市県民税申告書の控えなど

        ※所得証明書ではありません。

        ※市県民税の申告が必要な場合があります。

    2. 6月1日以降に申請される場合
      • 前年分の所得情報については、申請者同意のもと教育委員会が確認しますので、源泉徴収票等は原則不要です。

        ※市県民税の申告が必要な場合があります。

      • 平成29年3月15日以降に所得税の申告をされた方は、税務署の申告書の控え
      • 平成29年1月2日以降に宇部市へ転入して来られた方は、平成29年1月1日時点で住民登録があった市町村で発行される平成29年度所得証明書(世帯全員のもの)
  2. 印鑑(認め印で結構です)
  3. 振込を希望する金融機関の金融機関名・支店名・口座名義 ・口座番号が確認できるもの(通帳等)
  4. 借家・アパート等にお住まいの場合、家賃額が確認できるもの

(4)結果通知

申請月の翌月末に、交付決定通知書または不交付決定通知書を郵送します。(各種通知は口座名義人あてに送付します。)

5.援助が受けられる方

次のいずれかに該当する方で、援助の申請をした方

  1. 当該年度において、生活保護法に基づく保護の停止又は廃止の措置を受けた方
  2. 児童・生徒の属する世帯の世帯全員の前年中所得が、教育委員会の定める基準額の1.3倍未満の方
  3. 経済的理由によって、生活状態が悪く、就学困難と認められる方

※教育扶助受給者については、申請不要で、修学旅行費のみ援助します。

参考1 平成28年度基準額に基づく4人世帯(父38才、母35才、子6才、子4才)の場合の所得例

  平成28年 年間総所得 平成28年 年間総収入
借家の場合 3,390,000円未満 4,920,000円未満
持家の場合 2,970,000円未満 4,390,000円未満

参考2 平成28年度基準額に基づく2人世帯(母30才、子6才)の場合の所得例

  平成28年 年間総所得 平成28年 年間総収入
借家の場合 2,350,000円未満 3,620,000円未満
持家の場合 1,930,000円未満 3,020,000円未満

※借家の家賃は40,000円/月で計算しています。家賃の金額によって基準額は異なります。

注意

  • 基準額は、各家庭の世帯構成や年齢等によって異なります。
  • 教育委員会が定める基準額は、特別支援教育就学奨励費の需要額測定に用いる基準額により変更する場合があります。
  • 認定となるかどうかは、申請いただいた方に通知書をもって回答とさせていただきます。お電話でお答えすることはできません。

6.変更等の届け

次のいずれかに該当する場合は、下記の異動・変更の届出をしてください。

  1. 保護者及び児童・生徒の氏名が変わるとき
  2. 住所や学校が変わるとき
  3. 振込口座を変更するとき
  4. 世帯構成が変わるとき
  5. 援助を辞退するとき

7.認定を取り消す場合

次のいずれかに該当することになった場合は、認定を取り消します。

  1. 他の市町村に転出した場合
  2. 世帯の経済状態が好転したと認められる場合
  3. 当該児童・生徒が死亡した場合
  4. 虚偽の方法により援助費の交付を受けた場合
  5. 援助費の交付を辞退した場合
  6. 就学予定者が、就学前に宇部市から転出又は公立小中学校に就学しなかった場合

認定を取り消したときは、援助費の返納をしていただきます。

8.入学準備金の入学前支給のお知らせ

平成30年4月に公立小・中学校に入学予定のお子様をお持ちの保護者を対象に、就学援助費の申請受付を平成30年1月に行います。認定となった方には、入学準備金を入学前(3月)に支給します。

就学援助制度について分からないことがありましたら、教育委員会総務課までお気軽にお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:教育委員会事務局 総務課 総務係

所在地:〒755-0027 宇部市港町一丁目11番30号

電話番号:0836-34-8604

ファックス番号:0836-22-6066