トップ > 子育て・教育 > 子育て支援 > 地域活動(母親クラブ)連絡協議会

ここから本文です。

更新日:2018年8月15日

地域活動(母親クラブ)連絡協議会

母親クラブとは

「まちの子は みんなわが子」を合言葉に、子どもたちの健全育成を願って、地域ぐるみでボランティア活動する組織で、各校区単位で結成されています。

いつごろから始まったの?

母親の組織は、昭和の初めから全国各地域で誕生しました。公的に母親クラブが提唱されたのは昭和23年のことです。その後、旧厚生省・各都道府県・市の関係行政機関・児童厚生施設や児童健全育成推進財団などの支援を受け、今では40万人が加入。全国で活発な活動をしています。

山口県においては、昭和56年7月国際児童年を記念して建設された「山口県児童センター」に事務局を設置し、県内全域で活動を行っています。

宇部市内の母親クラブ(18団体)
東岐波校区母親クラブ 西岐波校区母親クラブ 常盤校区母親クラブ 恩田校区母親クラブ
岬校区母親クラブ 見初校区母親クラブ 神原校区母親クラブ 琴芝校区母親クラブ
上宇部校区母親クラブ 川上校区母親クラブ 小羽山校区母親クラブ 新川校区母親クラブ
鵜の島校区母親クラブ 黒石校区母親クラブ 厚南校区母親クラブ 原校区母親クラブ
小野校区母親クラブ 厚東校区母親クラブ    

どんなことをしているの?

お互いの親睦をはかりながら、子育てや家庭、地域での生活の問題など、子どもたちを取りまく様々な問題について、みんなで話し合い、みんなで考え、解決していきます。また、研修会や講習会への参加や、地域でのボランティア活動・機関紙の発行も自主的に行っています。

主な活動

  • 親子及び世代間の交流、文化活動

    「家庭の日」を設けたり、「こどもの日」や「敬老の日」などを利用し、親子やお年寄りとの交流を図るため、野外での交流活動を企画実行したり、読書会、映画会、人形劇サークル、地域文化の伝承サークル、料理教室等の文化活動を行う。

  • 児童の事故防止等活動

    地域の実情に応じ、遊び場の道具の点検、特に幼児の遊び場の巡回、交通安全活動、非行防止活動等の奉仕活動を行う。

  • 児童養育に関する研修活動

    児童の発達上の特徴や留意点、家庭でのしつけ、安全教育、地域での児童健全育成の向上に関する研修会等を開催する。

  • その他、児童福祉の向上に寄与する活動

お母さんしか入れないの?

会員は小さな子どもを持つお母さんばかりではありません。地域の児童健全育成に関心のある方ならば年齢・性別を問わず、どなたでも入会できます。お父さん、お兄さん、お姉さんなど、多くの方々の入会をお待ちしています。

入会方法は?

こども・若者応援課(電話 0836-34-8447)にお問合せください。

お問い合わせ

組織名称:こども・若者応援部 こども・若者応援課 こども・若者応援係

所在地:〒755-0033 宇部市琴芝町二丁目4番25号

電話番号:0836-34-8447

ファックス番号:0836-21-6020