トップ > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 障害者差別解消・コミュニケーション支援の取り組み > 障害のある人へのコミュニケーション支援条例

ここから本文です。

公開日:2017年4月1日

障害のある人へのコミュニケーション支援条例

人が人とコミュニケーションをとる手段や情報を得る方法は、文字や音声、言語だけではありません。身体のどこかが十分に機能しない人には、その人の特性に応じたコミュニケーション手段があります。手話や点字など多様なコミュニケーション手段があることを市民一人ひとりが理解することで、障害のある人とない人が、お互いを理解し、支えあうまちが生まれます。この条例は、人それぞれの特性に応じたコミュニケーションの手段が利用できるようにすることで、障害のあるなしにかかわらず、すべての市民がお互いを理解し、心豊かに共生できるまちをめざすために制定したものです。

条例の概要

対象とするコミュニケーション手段

手話、要約筆記、点字、触手話、音声訳、分かりやすい言葉、代用音声、電子データの読み上げ、介助、さまざまなコミュニケーション手段等

基本理念

  • 障害のある人がコミュニケーションを円滑に行う権利は、それぞれの障害の特性に応じた適切なコミュニケーション手段を選択し、活用することにより、最大限に尊重されなければいけません。
  • 障害のある人が、その特性に応じたコミュニケーション手段を選択し、利用する機会を確保することは、障害のある人とない人とがお互いの違いを理解し、それぞれの人格と個性を尊重することを基本としなければいけません。

各主体の責務と役割及び取組

市の責務

  • コミュニケーション手段の普及と利用の促進に関する施策を推進します。

市民の役割

  • 障害についての理解を深め、障害のある人へ必要な配慮をし、市が進めるコミュニケーション支援の取り組みに協力をお願いします。

店舗や職場などの事業者の役割

  • 障害の特性について障害のある人が利用しやすいサービスの提供や働きやすい環境を整備するよう努めて下さい。

市の取り組み

障害のある人が安心して日常生活や社会生活を送ることができるように、市は、次のような取り組みを進めます。

  • 障害についての理解の促進(理解講座やふれあい活動の実施)
  • 手話・音訳・点字などのコミュニケーション支援ボランティアの養成と活動の促進
  • 店舗や職場などでのコミュニケーション支援の取り組みを促進
  • 学校での理解の促進と、学習や生活に対する支援の実施

また、コミュニケーション支援のために必要となる移動の支援(バリアフリー化など)もあわせて促進します。

市政出前講座では、「よくわかる障害のある人へのコミュニケーション支援条例」の説明を行っています。お気軽にお申し込みください。

施行日

平成29年4月1日

条例

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:健康福祉部 障害福祉課 支援係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8523

ファックス番号:0836-22-6052