トップ > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 医療費助成 > 自立支援医療(更生医療)

ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

自立支援医療(更生医療)

対象者

18歳以上の身体障害者手帳をもっている人で、身体障害者更生相談所の判定により必要と認められた人

内容

障害の程度を軽くしたり、取り除いたり、障害の進行を防いだりするために、指定医療機関において受けた医療にかかる費用の自己負担分の一部を助成します。

医療方針の具体例

  • 視覚障害…水晶体摘出手術、角膜剥離手術など
  • 聴覚障害…鼓室形成術、人工内耳埋込術など
  • 音声・言語、そしゃく機能障害…口唇形成術、口蓋形成術、唇顎口蓋裂の歯科矯正、精神的ショック等により生じた機能性言語障害の薬物、暗示療法など
  • 肢体不自由…人工関節置換術など
  • 心臓機能障害…ペースメーカー植え込み術、弁形成術、弁置換術、大動脈冠動脈バイパス術、心移植術、心移植後の免疫抑制療法など
  • 腎臓機能障害…人工透析(血液透析・腹膜透析)、腎移植術、腎移植後の免疫抑制療法など
  • 小腸機能障害…中心静脈栄養法及びそれに伴う医療
  • 免疫機能障害…免疫調節療法など
  • 肝臓機能障害…肝臓移植術、肝臓移植後の免疫抑制療法

負担額

総医療費の1割
世帯の所得に応じた月額上限があります(生活保護受給者は0円)

窓口

  • 障害福祉課(電話:0836-34-8314/ファックス:0836-22-6052)
  • 北部地域振興課 市民生活係(電話:0836-67-2813/ファックス:0836-67-0822)

申請書等ダウンロード

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:健康福祉部 障害福祉課 障害手帳・医療係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8314

ファックス番号:0836-22-6052