本文へ
文字サイズ
拡大
縮小
色の変更
標準
1
2
3
  • トップ
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign language
  • 暮らし・安心
    • 防災・国民保護
    • 救急・消防
    • 安全・安心・相談
    • 届出・証明書
    • 市税
    • 保険・年金
    • ごみ・リサイクル・衛生
    • 住まい・生活環境
    • 雇用・労働
    • 市民活動・ボランティア・人権
    • 選挙
    • 公共交通・市営駐車場
    • 火葬場・墓地
  • 子育て・教育
    • 母子の健康
    • 子育て支援
    • 保育園・幼稚園
    • 小中学校
    • 手当・助成
    • ひとり親家庭支援
    • 教育・健全育成
    • うべきっず
  • 健康・福祉
    • 成人の健康
    • 医療
    • 健康保険
    • 障害者福祉
    • 高齢者福祉
    • 介護保険
    • その他の福祉
  • 教養・イベント
    • 歴史・文化財
    • 彫刻とうべ
    • 宇部市立図書館
    • 宇部志立市民大学
    • 社会教育・生涯学習
    • 祭り・催し
    • 文化・芸術
    • スポーツ・レクレーション
    • レノファ山口FCを応援しよう!
    • ナナシマチ
    • 宇部市・宇部市教育委員会後援申請
    • ときわ公園公式サイト
    • ときわ動物園公式サイト
    • ときわミュージアム公式サイト
  • まちづくり・ビジネス
    • うべで暮らしませんか
    • 本庁舎建設への取組
    • 環境保全
    • 都市計画・景観・緑化
    • 建築・開発・土地
    • 道路・河川
    • 上下水道
    • 産業
    • うべ元気ブランド
    • 中山間地域づくり
    • 募集・入札・契約
  • 市の紹介・市政
    • 宇部市の紹介
    • 遊びに来ませんか うべ
    • 市長室
    • 市議会
    • 行政視察受け入れのご案内
    • 計画・施策
    • 財政
    • 統計
    • 情報公開
    • 広報・広聴
    • 職員募集・人事・給与
    • 監査
    • 合併
    • 市役所のご案内
    • 宇部市条例規程類集

トップ > 健康・福祉 > 成人の健康 > 熱中症にご注意ください!<7月は熱中症予防強化月間です>

ここから本文です。

更新日:2018年6月26日

熱中症にご注意ください!<7月は熱中症予防強化月間です>

熱中症は梅雨入り前の5月頃から起こり始め、7~8月にピークを迎えるとされています。
しかし、熱中症は日常の適切な対処で防ぐことができ、適切な応急処置により救命できます。
暑さを避け、こまめに水分補給をして、熱中症を防ぎましょう。

熱中症とは

高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かないことにより、筋肉痛や大量の発汗、さらに吐き気や倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害などが起こります。
特に乳幼児は体温調節が未熟であり、高齢者は暑さやのどの渇きを感じづらくなっているため、周囲の人の注意が必要です。

熱中症の予防法

1.水分補給

  • のどが渇いていなくても、こまめに水分補給をしましょう。

2.室内環境

  • 室温を確認して、扇風機やエアコンを使って温度調整をしましょう。(28℃以下) 
  • こまめな換気、遮光カーテン、すだれ、打ち水などで工夫しましょう。

3.体調に合わせた対策

  • 体温測定をしましょう。(特に高齢者、障害のある人、こども)
  • 通気性・吸湿性の良い服装で過ごしましょう。
  • 氷、保冷剤、冷たいタオル、シャワーなどで体を冷やしましょう。
  • ふだんから、バランスのよい食事をとり、体力をつけておきましょう。

4.外出時の注意

  • 日傘、帽子、せんす、うちわなどを活用しましょう。
  • 暑い日は、昼下がりの外出はできるだけ避け、外出する場合は、公共施設などで休憩をとるようにしましょう。
  • 水筒など水分を持参しましょう。
  • 体調に応じて無理をせず、こまめな休憩をとるようにしましょう。

5.緊急時、困った時の連絡先

  • 体調が悪くなった時のために、連絡先を確認して身につけておきましょう。

熱中症の発生しやすい状況と注意すること

1.気温・湿度が高い時

  • 暑さの感じ方や暑さに対する抵抗力は個人によって異なります。気温や湿度の情報に注意し、自分の体調に合わせて行動しましょう。
  • 熱のこもりやすいお風呂場や体育館などの屋内でも熱中症は起こります。適切に換気を行い、気温や湿度を下げるようにしましょう。
  • 無理な節電はせず、適度に扇風機やエアコンを使用しましょう。

2.風が弱く、日差しが強い時や照り返しが強い時

  • 外出時は炎天下をさけ、日陰を選んで過ごしましょう。
  • 思った以上に汗をかき、体の水分が失われています。のどが渇いたと思う前に、こまめに水分を摂りましょう。

3.急に暑くなった時

  • 体が暑さに慣れていないため、熱中症を起こしてしまうことがあります。久しぶりに暑いところで活動する時は特に注意しましょう。

4.熱中症予防を呼びかけあいましょう

  • 特に高齢者やこどもに対しては、まわりが協力して、環境や体調を観察し、熱中症予防に努めましょう。

分類(重症度)と対処法・応急処置

熱中症になっても、適切な対応で命を守ることができます。
分類
(重症度)
症状 対処法
軽度
  • めまい
  • 立ちくらみ
  • こむら返り
  • 筋肉痛
  • 大量の発汗
  1. 涼しい場所へ避難
  2. 衣服をゆるめ(場合によっては脱がし)、水でぬらしたタオルや保冷剤などを、首、わきの下、足の付け根の内側などにあてて体を冷やす
  3. 水分や塩分の補給
  4. 自分で水分がとれなければ、医療機関へ
中等度
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 倦怠感(体がだるい)
重度
  • 意識がない
  • けいれん
  • 呼びかけに対する反応がおかしい
  • 普段どおりに歩けない
  1. ためらわず救急車を要請(119)
  2. 涼しい場所へ避難して、体を冷やすなどの処置をしながら、救急車を待つ

熱中症関連サイト

熱中症予防チラシ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:健康福祉部 健康増進課 健康増進係

所在地:〒755-0033 宇部市琴芝町二丁目1番10号

電話番号:0836-31-1777

ファックス番号:0836-35-6533