本文へ
文字サイズ
拡大
縮小
色の変更
標準
1
2
3
  • トップ
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign language
  • 暮らし・安心
    • 防災・国民保護
    • 救急・消防
    • 安全・安心・相談
    • 届出・証明書
    • 市税
    • 保険・年金
    • ごみ・リサイクル・衛生
    • 住まい・生活環境
    • 雇用・労働
    • 市民活動・ボランティア・人権
    • 選挙
    • 公共交通・市営駐車場
    • 火葬場・墓地
  • 子育て・教育
    • 母子の健康
    • 子育て支援
    • 保育園・幼稚園
    • 小中学校
    • 手当・助成
    • ひとり親家庭支援
    • 教育・健全育成
    • うべきっず
  • 健康・福祉
    • 成人の健康
    • 医療
    • 健康保険
    • 障害者福祉
    • 高齢者福祉
    • 介護保険
    • その他の福祉
  • 教養・イベント
    • 歴史・文化財
    • 彫刻とうべ
    • 宇部市立図書館
    • 宇部志立市民大学
    • 社会教育・生涯学習
    • 祭り・催し
    • 文化・芸術
    • スポーツ・レクレーション
    • レノファ山口FCを応援しよう!
    • ナナシマチ
    • 宇部市・宇部市教育委員会後援申請
    • ときわ公園公式サイト
    • ときわ動物園公式サイト
    • ときわミュージアム公式サイト
  • まちづくり・ビジネス
    • うべで暮らしませんか
    • 本庁舎建設への取組
    • 環境保全
    • 都市計画・景観・緑化
    • 建築・開発・土地
    • 道路・河川
    • 上下水道
    • 産業
    • うべ元気ブランド
    • 中山間地域づくり
    • 募集・入札・契約
  • 市の紹介・市政
    • 宇部市の紹介
    • 遊びに来ませんか うべ
    • 市長室
    • 市議会
    • 行政視察受け入れのご案内
    • 計画・施策
    • 財政
    • 統計
    • 情報公開
    • 広報・広聴
    • 職員募集・人事・給与
    • 監査
    • 合併
    • 市役所のご案内
    • 宇部市条例規程類集

トップ > 健康・福祉 > 成人の健康 > 健康づくり > 糖尿病重症化ゼロアクションプラン(宇部市国民健康保険データヘルス計画)

ここから本文です。

更新日:2017年2月2日

糖尿病重症化ゼロアクションプラン(宇部市国民健康保険データヘルス計画)

宇部市国民健康保険では、「国民健康保険法に基づく保健事業の実施等に関する指針」に基づき、保健事業実施計画「糖尿病重症化ゼロアクションプラン(宇部市国民健康保険データヘルス計画)」を策定しました。

宇部市においては、平成27年度から平成29年度を計画期間とし、特に糖尿病の重症化予防を推進していきます。

背景と目的

平成25年6月に政府が閣議決定した「日本再興戦略」において、予防・健康管理の推進に関する新たな仕組みづくりや、医療情報の電子化・利活用の推進等により、国民の「健康寿命」を延伸することが重要施策として掲げられており、予防サービスの充実等により、国民の医療・介護需要の増大をできる限り抑えつつ、より質の高い医療・介護を提供することにより、『国民の健康寿命が延伸する社会』を目指すべきとしています。

こうした中、国においては、国民健康保険法第82条第4項の規定に基づき、「国民健康保険法に基づく保健事業の実施等に関する指針」の一部を改正し、保険者に対し、健康・医療情報を活用してPDCAサイクルに沿った効果的かつ効率的な実施を図るための保健事業の実施計画(データヘルス計画)を策定した上で、保健事業の実施及び評価を行うよう求めています。

本市では、平成16年に宇部市健康づくり計画「アクティブライフ宇部」を策定し、市民の健康づくりに向けた施策を推進しているところです。また、平成26年12月には、健康長寿のまちづくりの実現に向け「宇部市健康づくり推進条例」を制定(施行:平成27年4月)し、市民一人ひとりの健康づくりが生活の中で習慣化し、家庭や地域社会に広がり、次世代に伝えていく「健康文化」のあるまちづくりを今後、積極的に推進していくこととしています。

また、国民健康保険においては、平成26年6月からKDBシステム(国保データベースシステム)の稼働を開始し、医療・健診・介護データを最大限に活用することにより、被保険者をリスク別に分類し、ターゲットを絞った効果的・効率的な保健事業を実施できる環境になったところです。

今後は、KDBシステムを活用した保健事業(データヘルス)を展開し、被保険者の健康意識の向上や医療費の適正化を図ることとします。

本市の課題

国民健康保険における傷病別医療費では、上位10位以内に生活習慣病が半数以上を占めており、生活習慣病は今後も、医療費・件数ともに増加していくことが見込まれます。

中でも、腎不全は、人工透析の必要性からレセプト1件当たりの点数が最も高く、また生涯にわたるため高額な医療費が下がることはありません。

一方、人工透析者(腎不全)においては、糖尿病を有する者が半数を超えています。

糖尿病は脳血管疾患や虚血性心疾患などの心血管疾患のリスクを高め、神経障害や網膜症、腎症、足の病変と言った多臓器に及ぶ合併症を併発する上、生活の質や活力、社会保障による負担にも多大な影響を及ぼします。また、ほかの重篤な疾患、心筋梗塞や脳血管疾患のリスクを2~3倍高めると言われています。

糖尿病による腎症(糖尿病性腎症)の段階では病状の改善する余地があります。また、糖尿病性腎症に進行していない段階で病状の改善をしていくことは可能です。

そこで、次の2点を重点課題とし、解決に向けた効果的で効率のよい保健事業を展開します。

糖尿病を有する者が、病状の悪化から糖尿病性腎症となってしまうことにより生じる、QOL(生活の質)の低下及び医療費の増大を抑えること【糖尿病重症化予防プログラム事業】

糖尿病性腎症を有する者が、病状の悪化から腎不全(人工透析)となってしまうことにより生じる、QOL(生活の質)の低下及び医療費の増大と高額継続を抑えること【糖尿病性腎症重症化予防プログラム事業】

目標と評価指標

目標

糖尿病の悪化及び人工透析までにいたる重症化を防止または遅延させるために、生活習慣の改善及び生活の質の向上を目標とします。

評価指標と数値

特定健康診査の受診者であり血糖コントロール服用中のHbA1c値7.0%以上の人の割合

平成29年度 23.6%
(現状値26.0% 平成25年度)

糖尿病性腎症を起因とし新たに人工透析となった患者数

平成29年度 4人
(現状値8人 平成25年度)

関係機関との連携

行政機関をはじめ、医師会、各医療機関、地域団体等の関係機関がお互いに協力・連携しながら、健康づくりに取り組みます。

事業の評価

事業評価委員会を設置し、効果的な効率のよい保健事業のプログラムの具体的な内容を検討します。

糖尿病重症化ゼロアクションプランの内容

宇部市国民健康保険保健事業実施計画「糖尿病重症化ゼロアクションプラン(宇部市国民健康保険データヘルス計画)」(PDF:1,135KB)

事業の実績(平成27~28年度)

糖尿病性腎症重症化予防プログラム

 

平成27年度

平成28年度

参加人数

11名

15名

糖尿病重症化予防プログラム

 

平成27年度

平成28年度

参加人数

20名

7名

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:健康福祉部 健康推進課 成人保健係

所在地:〒755-0033 宇部市琴芝町二丁目1番10号

電話番号:0836-31-1777

ファックス番号:0836-35-6533