トップ > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > やまぐち元気アップ体操

ここから本文です。

更新日:2019年3月28日

やまぐち元気アップ体操

自分のことはできるだけ自分で行い、人との関わりを保ち、いつまでも元気で「ありたい自分」「なりたい自分」をかなえることができるよう、山口県と山口県内のリハビリテーション専門職が作成した体操です。

実施団体・グループの募集

市では、週に1回3か月以上継続して体操を実施する団体・グループを募集しています。体操の実施方法や注意点について、講師を派遣しアドバイスを行います。5人以上の市民の団体・グループでお申し込みください。実施する団体・グループには、体操のDVD、介護予防支援のためのマニュアル、運動の手引き(体操の冊子)を配布します。

準備していただくもの

  • 体操ができる場所(自治会館や地域の集会所など)
  • 背もたれのある椅子
  • DVDプレーヤー
  • テレビまたはプロジェクター(DVDを映すことができる機器)

スケジュール

体操実施から3か月の間で、4回講師を派遣し、体力測定や体操の指導を行います。講師料の負担はありません。所要時間は1時間程度です。

  • 1週目 体力測定(握力、開眼片脚立ち、立ち座り・歩行などの複合動作能力テストや質問紙)
  • 2週目 体操指導
  • 3週目 体操指導、自主活動に向けてアドバイス
  • 3か月後 体力測定

「やまぐち元気アップ体操」ってどんな体操?

バランスや筋力、持久力など体力アップを目的とした運動をゆっくり行います。体力に自信のない方は椅子に座って、体力をさらに向上させたい方は立位で、ご自分の体力に合わせて運動することができます。

元気な高齢者はさらに活動的にいきいきとした生活を、介護が必要な方も今の体力を維持し、健やかに自分らしい生活を送るための、高齢者の介護予防・健康づくりに効果的な体操です。

体操プログラム

「やまぐち元気アップ体操」の動画は、宇部市スポーツコミッションのエクササイズ動画リストからご覧いただけます。

※体調に合わせて無理のないように行いましょう。病気で治療中の方は、事前にかかりつけの医師にご相談ください。

時間

  • 通常版プログラム 40分
  • 短縮版プログラム 20分

体操のプログラムや具体的な実施方法、効果などについては、下記のマニュアルをご覧ください。

ありたいをかなえる

(PDF:6,792KB)

「やまぐち元気アップ体操」の概要です。(上記マニュアルを一部抜粋しています。)

実施団体・グループ一覧

下記の団体・グループが「やまぐち元気アップ体操」に取り組んでいます。お住まいの近くのグループに参加したい、見学したいとご希望の方は、高齢者総合支援課にご連絡ください。

ふくらはぎのストレッチ 1.ストレッチでふくらはぎを伸ばしましょう。

姿勢の改善や腰痛、ひざ痛の予防に役立ちます。

やまぐち元気アップ体操バランス 2.バランス力の強化で転倒予防。

足の指や足の裏でしっかり体重を支えましょう。

やまぐち元気アップ体操スクワット 3.スクワット運動で太ももや脚全体の筋力を強化します。

椅子からの立ち上がりや歩く、階段昇降などの動作に効果があります。まずは、家庭でも意識して、椅子からゆっくり立ち上がったり、ゆっくり座ったりしてみましょう。

個人でも体操を体験できます(市内2か所)

下記の会場で、体操を実施しています。どんな体操か体験してみたい、詳しく話を聞いてみたい方は、ご参加ください。申し込みは不要です。

まちなか保健室

宇部第一病院 いきいき健康サークル きずな

  • 場 所 宇部第一病院 2階 会議室(宇部市大字木田40番地20)
  • 日にち 毎週火曜日
  • 時 間 10時から11時40分

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:健康福祉部 高齢者総合支援課 高齢者支援係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8303

ファックス番号:0836-22-6026

  • イベントカレンダー
  • オンラインサービス(図書館蔵書検索、ごみ収集日カレンダー、公共施設予約、電子申請、電子地図ほか)
  • よくある質問と回答
  • 相談窓口
  • 公共施設案内