トップ > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 介護予防・日常生活支援総合事業 > 介護予防・生活支援サービスの単価

ここから本文です。

更新日:2018年10月29日

介護予防・生活支援サービスの単価

利用者負担は原則として以下の金額の1割、2割又は3割ですが、実際の金額は各種加算等により、事業所・施設により異なる場合があります。

単価は平成30年8月1日現在のものです。

訪問型サービス(ホームヘルプサービス)

予防給付型訪問介護(自立支援型介護予防ヘルプサービス)

  • 現行の訪問介護と同様のサービス(訪問介護員による身体介護、生活援助)です。
週1回程度の予防給付型訪問介護が必要とされた者 11,680円
週2回程度の介護予防訪問介護が必要とされた者 23,250円

週3回程度の介護予防訪問介護が必要とされた者
(要支援2、*事業対象者)

*事業対象者:退院直後で集中的にサービス利用することが自立支援につながる

場合などで、事業対象者における一時的な区分支給限度額申請をした者

37,040円

(1か月につき)

生活維持型訪問介護(維持型介護予防ホームヘルプ1)

  • 介護保険法に準ずる生活援助サービスです。
  • 1回1時間程度。
週1回程度の予防給付型訪問介護が必要とされた者 8,180円
週2回程度の介護予防訪問介護が必要とされた者 16,350円

(1か月につき)

生活補助型(維持型介護予防ホームヘルプサービス2)

  • 介護保険法に準ずる生活援助サービスで、部分的な生活支援など簡易な生活援助サービスです。
  • 原則として週1回までの利用で、1回30分以上1時間程度。
週1回程度の予防給付型訪問介護が必要とされた者 1,000円

(1回につき)

通所型サービス(デイサービス)

予防給付型通所介護(自立支援型介護予防デイサービス)

  • 集中的に生活機能向上のトレーニングを行うことで、機能の維持・改善を目指します。
  • 食費、日常生活費は別途負担します。
要支援1、事業対象者 16,470円

要支援2、*事業対象者

*事業対象者:退院直後で集中的にサービス利用することが自立支援につながる

場合などで、事業対象者における一時的な区分支給限度額申請をした者

33,770円

(1か月につき)

生活維持型通所介護(維持型介護予防デイサービス)

  • 日常生活の自立に向けた支援や閉じこもり予防を目的としています。
  • 食費、日常生活費は別途負担します。
要支援1、事業対象者 11,530円

要支援2、*事業対象者

*事業対象者:退院直後で集中的にサービス利用することが自立支援につながる

場合などで、事業対象者における一時的な区分支給限度額申請をした者

23,640円

 (1か月につき)

短時間型(目的別短時間デイプサービス1)

  • 運動器の機能向上、栄養改善、口腔ケアなど、目的に応じて支援します。
  • 3時間程度で、入浴や食事はありません。
要支援1、事業対象者 8,240円

要支援2、*事業対象者

*事業対象者:退院直後で集中的にサービス利用することが自立支援につながる

場合などで、事業対象者における一時的な区分支給限度額申請をした者

16,890円

(1か月につき)

地域ふれあい型(住民主体)

  • 地域住民による自主的な通いの場で、健康づくりや介護予防を目的として活動します。
  • 週1回、1回2時間程度。
事業対象者、要支援1、要支援2 サービス提供者が利用料を決定

お問い合わせ

組織名称:健康福祉部 高齢者総合支援課 高齢者支援係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8302

ファックス番号:0836-22-6026

  • イベントカレンダー
  • オンラインサービス(図書館蔵書検索、ごみ収集日カレンダー、公共施設予約、電子申請、電子地図ほか)
  • よくある質問と回答
  • 相談窓口一覧
  • 公共施設案内
  • フェイスブック 宇部市公式ページ一覧