本文へ
文字サイズ
拡大
縮小
色の変更
標準
1
2
3
  • トップ
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign language
  • 暮らし・安心
    • 防災・国民保護
    • 救急・消防
    • 安全・安心・相談
    • 届出・証明書
    • 市税
    • 保険・年金
    • ごみ・リサイクル・衛生
    • 住まい・生活環境
    • 雇用・労働
    • 市民活動・ボランティア・人権
    • 選挙
    • 公共交通・市営駐車場
    • 火葬場・墓地
  • 子育て・教育
    • 母子の健康
    • 子育て支援
    • 保育園・幼稚園
    • 小中学校
    • 手当・助成
    • ひとり親家庭支援
    • 教育・健全育成
    • うべきっず
  • 健康・福祉
    • 成人の健康
    • 医療
    • 健康保険
    • 障害者福祉
    • 高齢者福祉
    • 介護保険
    • その他の福祉
  • 教養・イベント
    • 歴史・文化財
    • 彫刻とうべ
    • 宇部市立図書館
    • 宇部志立市民大学
    • 社会教育・生涯学習
    • 祭り・催し
    • 文化・芸術
    • スポーツ・レクレーション
    • レノファ山口FCを応援しよう!
    • ナナシマチ
    • 宇部市・宇部市教育委員会後援申請
    • ときわ公園公式サイト
    • ときわ動物園公式サイト
    • ときわミュージアム公式サイト
  • まちづくり・ビジネス
    • うべで暮らしませんか
    • 本庁舎建設への取組
    • 環境保全
    • 都市計画・景観・緑化
    • 建築・開発・土地
    • 道路・河川
    • 上下水道
    • 産業
    • うべ元気ブランド
    • 中山間地域づくり
    • 募集・入札・契約
  • 市の紹介・市政
    • 宇部市の紹介
    • 遊びに来ませんか うべ
    • 市長室
    • 市議会
    • 行政視察受け入れのご案内
    • 計画・施策
    • 財政
    • 統計
    • 情報公開
    • 広報・広聴
    • 職員募集・人事・給与
    • 監査
    • 合併
    • 市役所のご案内
    • 宇部市条例規程類集

ここから本文です。

更新日:2017年9月4日

市民向け情報

宇部市では、平成28年4月から、要支援1・2の認定を受けた方等が受けることのできる介護保険サービス(訪問型・通所型サービス)について、新たなサービス提供体制への移行いたしました。従来に比べ、サービス選択の幅が広がり、一人ひとりの状態に応じたきめ細やかなサービスが利用できるようになります。

また、要介護状態となることを予防するためにも、自立に向けて自分自身の目標を定め、その達成に向けてサービスを利用しながら積極的に健康づくりに取り組むことを目的としています。

宇部市の介護予防・日常生活支援総合事業の構成
1.介護予防・生活支援サービス事業

(1)訪問型サービス

(2)通所型サービス

(3)介護予防ケアマネジメント

2.一般介護予防事業

ご近所福祉サロン 等

1.介護予防・生活支援サービス事業

事業の対象者

事業の対象者は、以下のどちらかに該当する方々です。

  • 要介護認定で、要支援1・2の判定を受けた人
  • 65歳以上の方で、基本チェックリストにより、生活機能の低下がみられた人

「基本チェックリスト」は、介護の原因となりやすい生活機能低下の危険性がないかどうかという視点で運動、口腔、栄養、物忘れ、うつ症状、閉じこもり等の全25項目について「はい」「いいえ」で記入していただく質問表です。

サービスの種類

(1)訪問型サービス

サービスの種類と内容について
サービス種別 サービス内容

(ア)予防給付型
(現行相当)

ホームヘルパーが居宅を訪問し、身体介護や生活援助を行います。

例)認知機能や身体機能の低下のため日常生活に支障がある者など

(イ)生活維持型
(緩和基準A)

ホームヘルパーが居宅を訪問し、生活援助を行います。

例)調理、掃除、ゴミの分別やゴミ出しなど

(ウ)生活補助型
(緩和基準A)

シルバー人材センターなどの職員が居宅を訪問し、生活援助を行います。

例)調理、掃除、ゴミの分別やゴミ出しなど単独の支援

(エ)地域ふれあい型
(住民主体B)

地域住民やボランティアが主体となり、生活援助を行います。

例)布団干し、階段の掃除、買い物代行や代筆など

(2)通所型サービス

サービスの種類と内容について
サービス種別 サービス内容

(ア)予防給付型
(現行相当)

通所介護施設で、日常生活上の支援や、生活行為向上のための支援を行います。

例)生活機能向上のための機能訓練

(イ)生活維持型
(緩和基準A)

通所介護施設で、閉じこもり予防や自立支援に向けた支援を行います。

(3時間以上で入浴や食事、送迎の利用ができます。)

(ウ)短時間型
(緩和基準A)

通所介護施設で、目的別(運動器、栄養改善、口腔ケア)の支援を短時間で行います。

(3時間程度で入浴、食事はありません。送迎の利用ができます。)

(エ)地域ふれあい型
(住民主体B)

地域住民やボランティアが主体となり、健康増進または介護予防を主な目的として活動する場を提供します。

(3)介護予防ケアマネジメント

介護予防ケアマネジメントは、利用者に対して、介護予防及び生活支援を目的として、その心身の状況、置かれているその他の状況に応じて、その選択に基づき、適切な事業が包括的かつ効率的に提供されるよう、専門的視点から必要な援助を行うものです。お住まいの校区担当の高齢者総合相談センター、または居宅介護支援事業所が実施いたします。

サービスを利用するには?

  • 宇部市高齢者総合支援課、またはお住まいの校区の高齢者総合相談センター(リンク先のページを参照)に相談してください。

事業所一覧

 ※内容は随時更新します。

2.一般介護予防事業

 従来の介護予防事業をさらに充実させ、身近な地域で健康づくりや介護予防に取り組める教室やサロン等を開催します。

事業名 事業内容

(ア)宇部市ご近所福祉サロン

(おでかけ型、元気づくり型)

身近な地域で、子どもから高齢者まで誰もが気軽に集い、生きがい対策や介護予防などを主目的に様々な交流や活動を行う地域福祉の拠点です。

(イ)宇部市はつらつポイント制度

ボランティア活動や健康づくり・介護予防事業に参加し、その活動を継続することで、一人ひとりの健康の維持・増進や介護予防が促進されることを目的とした取組みです。

(ウ)高齢者総合相談センターが実施するサロン

市内の各高齢者総合相談センターが独自にサロンを展開しています。 

(エ)やまぐち元気アップ体操

柔軟性やバランス、筋力アップを目的として、山口県と山口県内のリハビリテーション専門職が作成した体操です。

宇部市では、週に1回、3か月以上、「やまぐち元気アップ体操」を続けて行う市民の団体・グループを募集しています。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:健康福祉部 高齢者総合支援課 高齢者総合支援係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8304

ファックス番号:0836-22-6026