トップ > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 配食サービス

ここから本文です。

更新日:2018年8月21日

配食サービス

本市では、高齢者の安否確認を目的とした「配食見守り支援」と、栄養改善を目的とした「栄養改善配食」を実施しています。

配食見守り支援

内容

昼食または夕食を手渡しでお届けすると同時に、安否の確認を行います。(上限1日1食)

対象者

  1. 高齢者のみの世帯
  2. 安否確認が1日1回必要
  3. 一人で買物に行くことができない
  4. 調理をすることができない(長時間立っていることができない、認知症など理解力の低下により火の管理が難しい)
  5. 近くに見守りや支援をしてくれる家族等がいない

原則として、五つの項目全てに該当する方がこのサービスの対象となります。

栄養改善配食

内容

栄養士による指導・支援を行い、栄養士が作成した栄養改善プランに基づき食事を提供します。(上限1日2食)

※利用は原則6か月まで。必要が認められる場合、最大12か月まで利用可。

対象者

  1. 要支援1・2または事業対象者
  2. 低栄養状態である(BMIが18.5未満かつ6か月間で2~3Kg以上の体重減少あり)

原則として、二つの項目全てに該当する方がこのサービスの対象となります。

利用料

1食400円(事業所が定めた金額)

利用方法

お住まいの地域を担当する高齢者総合相談センター(地域包括支援センター)へご相談ください。

お問い合わせ

組織名称:健康福祉部 高齢者総合支援課 社会参画推進係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8302

ファックス番号:0836-22-6026