本文へ
文字サイズ
拡大
縮小
色の変更
標準
1
2
3
  • トップ
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign language
  • 暮らし・安心
    • 防災・国民保護
    • 救急・消防
    • 安全・安心・相談
    • 届出・証明書
    • 市税
    • 保険・年金
    • ごみ・リサイクル・衛生
    • 住まい・生活環境
    • 雇用・労働
    • 市民活動・ボランティア・人権
    • 選挙
    • 公共交通・市営駐車場
    • 火葬場・墓地
  • 子育て・教育
    • 母子の健康
    • 子育て支援
    • 保育園・幼稚園
    • 小中学校
    • 手当・助成
    • ひとり親家庭支援
    • 教育・健全育成
    • うべきっず
  • 健康・福祉
    • 成人の健康
    • 医療
    • 健康保険
    • 障害者福祉
    • 高齢者福祉
    • 介護保険
    • その他の福祉
  • 教養・イベント
    • 歴史・文化財
    • 彫刻とうべ
    • 宇部市立図書館
    • 宇部志立市民大学
    • 社会教育・生涯学習
    • 祭り・催し
    • 文化・芸術
    • スポーツ・レクレーション
    • レノファ山口FCを応援しよう!
    • ナナシマチ
    • 宇部市・宇部市教育委員会後援申請
    • ときわ公園公式サイト
    • ときわ動物園公式サイト
    • ときわミュージアム公式サイト
  • まちづくり・ビジネス
    • うべで暮らしませんか
    • 本庁舎建設への取組
    • 環境保全
    • 都市計画・景観・緑化
    • 建築・開発・土地
    • 道路・河川
    • 上下水道
    • 産業
    • うべ元気ブランド
    • 中山間地域づくり
    • 募集・入札・契約
  • 市の紹介・市政
    • 宇部市の紹介
    • 遊びに来ませんか うべ
    • 市長室
    • 市議会
    • 行政視察受け入れのご案内
    • 計画・施策
    • 財政
    • 統計
    • 情報公開
    • 広報・広聴
    • 職員募集・人事・給与
    • 監査
    • 合併
    • 市役所のご案内
    • 宇部市条例規程類集

トップ > 報道発表 > 報道発表(平成30年度) > 平成29年度決算の概要

ここから本文です。

公開日:2018年8月27日

報道発表

平成29年度決算の概要

~一般会計実質収支は13億5968万9千円の黒字~
~施策推進により、決算規模は4年ぶりに拡大する一方、市税収納率向上・市債残高逓減など財政基盤強化も着実に進む~

平成29年度一般会計予算と決算収支

一般会計予算

8年連続で600億円超とした当初予算や、国の補正予算を活用した繰越予算等の執行によって、中期実行計画の仕上げ、「ひと」と「しごと」の好循環及び「まち」の賑わいづくりなどに積極的に取組みました。

平成29年度当初予算額

627億8000万円 

平成28年度比 △0.7%

平成28年度からの繰越予算額

32億943万7千円

 

年度途中における補正額

9億9729万9千円

 

最終予算額

669億8673万6千円

平成28年度比 △2.7%

決算収支

決算規模拡大に伴い、主要な取組(施策事業)の決算額も、平成28年度から23.1億円増加し119.8億円となりました。
主な取組として、

  • 雇用創出のための、用地取得奨励補助金(3社、2.4億円)
  • 新しい人の流れをつくるための、世界を旅する植物館リニューアル(1.0億円)
  • 子育て等の希望をかなえるための、学童保育充実(53ヶ所、2.9億円)、待機児童対策(保育コンシェルジュ、事業所改修費補助等、3.0億円)、学校教育充実(耐震化、英語指導強化、図書室空調等、21.4億円)
  • 多様な地域社会形成のための、スポーツによる元気な人づくり(ときわ公園サッカー場整備等、3.5億円)
  • 都市基盤整備のための、本庁舎建替(基本設計等、3.8億円)、中央町エリア賑わいづくり(街区公園整備等、3.3億円)

などを推進。
一方で、事業手法の検討や事業費の精査など効果的・効率的な行財政運営に取り組んだ結果、実質収支は13億5968万9千円の黒字を確保しました。

歳入総額

667億5331万7千円

平成28年度比 +6億3929万5千円、

+1.0%

歳出総額

652億7523万2千円

平成28年度比 +7億 322万6千円、

+1.1%

形式収支

14億7808万5千円

平成28年度比 △6393万1千円、

△4.1%

平成30年度への繰越財源

1億1839万6千円

平成28年度比 △3億 328万2千円、

△71.9%

実質収支

13億5968万9千円

平成28年度比 +2億3935万1千円、

+21.4%

(参考)積立基金残高と市税現年収納率

平成29年度末の基金残高は、庁舎建設基金(+2.7億円)の積み増し等により3億円余り増加しました。

また、市税収納率(現年)は、コンビニ収納など納付環境の多様化や早期滞納処分の実施などにより過去最高の99.01%となりました。

平成28年度収納率と比較すると、増収効果額は約4千万円となります。

積立基金残高

132億6500万3千円 

平成28年度比 +3億 248万6千円

市税収納率(現年)

99.01%

平成28年度比 +0.16ポイント

財政指標等(普通会計)

  1. 市債残高
    平成29年度末の残高は、671億4512万3千円で、平成28年度末と比較して16億8878万円減少しています。これは、土地開発公社承継土地の売払収入を財源に繰上償還を実施したことや、新規発行額を元金償還額以下にできたためです。
  2. 経常収支比率
    93.4%と平成28年度から0.8ポイント低下(改善)しています。これは、分母となる市税や地方交付税の減はあったものの、公債費の減などによって分子を分母以上に減少させることができたためです。
  3. 実質公債費比率
    6.3%と、分子となる市債の元利償還金の減等により、平成28年度から1.2ポイント低下しています。
  4. 将来負担比率
    28.5%と、分子となる市債残高の減等により、平成28年度と比較して7.2ポイント低下しています。

市債残高(平成29年度末)

671億4512万3千円

平成28年度比 △16億8878万円

経常収支比率

93.4%

平成28年度比 △0.8ポイント

実質公債費比率

6.3%

平成28年度比 △1.2ポイント

将来負担比率

28.5%

平成28年度比 △7.2ポイント

今後の財政運営

市民サービスの向上とまちの元気創出のため、平成30年度にスタートした第四次宇部市総合計画後期実行計画を着実に推進していきます。それを支える持続可能な財政基盤の強化に向け、2018年3月に策定した宇部市財政運営指針2018年度~2021年度(財政健全化計画)に沿って、歳入確保と歳出改善を図るとともに、事業の見直しや再構築にも積極的に取り組みます。

お問い合わせ

組織名称:総務財務部 財政課 財政係

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8173

ファックス番号:0836-22-6083