トップ > 報道発表 > 報道発表(平成29年度) > 「チャレンジ!! オープンガバナンス2017」において本市市民を主体としたチームがアイデア賞を受賞

ここから本文です。

公開日:2018年3月7日

報道発表

「チャレンジ!! オープンガバナンス2017」において本市市民を主体としたチームがアイデア賞を受賞

公共のデータ等を活用し、地域課題の解決に向けたアイデアを競うコンテスト「チャレンジ!! オープンガバナンス2017」(主催:東京大学公共政策大学院)において、本市からも市民を主体とした5チームが参加し、このうち、多目的トイレ一発検索作成協議会が提案したアイデア「協働による多目的トイレ一発検索アプリ開発」が、「アイデア賞」を受賞しました。

応募アイデア総数

59件(うち、本市からの応募アイデア:5件)

選考について

応募アイデアの書類審査の結果、下記のとおりとなりました。

  1. 最終公開審査(公開プレゼン):13件(宇部市:2件)
  2. ミニプレゼン+ポスター掲示:8件(宇部市:1件)
  3. ポスター掲示:21件(宇部市:2件)
  4. ウェブサイトでの公開:17件

受賞アイデア

最終公開審査の対象に選ばれたアイデア(13件)について、3月4日(日曜日)に、東京大学で公開プレゼンテーションが行われ、下記のチームが受賞しました。

  1. オープンガバナンス総合賞:京の歴史と街並みをつたえ隊(京都市)
  2. アイデア賞:多目的トイレ一発検索作成協議会(宇部市)
  3. 連携体制賞:DATECAREER(仙台市)
  4. アクセンチュアユース賞:STEM Leaders with Hanyu(会津若松市)
  5. ハーバードアッシュセンター賞:ストリートデザイン研究機構×明治大学大学院(中野区) 

宇部市からの応募アイデアと審査結果

協働による多目的トイレ一発検索アプリの開発

  • 〔応募者〕多目的トイレ一発検索作成協議会
  • 〔内容〕障害者等の外出を支援するため、市内に設置されている多目的トイレの情報を集約したアプリを作成。
  • 〔審査結果〕最終公開審査(アイデア賞受賞)

「地域の高齢者の協力で創る」食事もできる放課後寺子屋事業

  • 〔応募者〕和 咲良
  • 〔内容〕子育て支援と高齢者の居場所づくりのため、放課後児童と孤独になりがちな高齢者が、笑顔で健康になれる癒しの空間をつくる。
  • 〔審査結果〕最終公開審査

通学児童の見守りを通じた世代間交流の実現と表彰制度の確立

  • 〔応募者〕宇部市地域推進計画推進隊
  • 〔内容〕世代間交流の促進と安心安全なまちづくりを進めるため、立哨ボランティア活動の見える化から表彰につなげるアプリを作成。
  • 〔審査結果〕ミニプレゼン+ポスター掲示

Road To Success (地域内交通の最適化)

  • 〔応募者〕HKT7
  • 〔内容〕高齢者の外出・社会参加の促進を支援するため、移動手段を持たない高齢者の外出の機会を創出する地域内交通の利便性を高めるアイデア。
  • 〔審査結果〕ポスター掲示

Ubestagramer による地域の魅力発信

  • 〔応募者〕えはららぼ
  • 〔内容〕宇部市の魅力をスピーディーに発信し、宇部市の魅力創出・知名度の向上につなげるため、おすすめスポットの検索機能やタグ付けを行うアプリの開発アイデア。
  • 〔審査結果〕ポスター掲示

お問い合わせ

組織名称:総合戦略局 ICT・地域イノベーション推進グループ  

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8531

ファックス番号:0836-22-6008