トップ > 報道発表 > 報道発表(平成30年度) > 戦略的作物の生産性と所得の向上を目指して市内8か所の圃場に農業センサーを設置します

ここから本文です。

公開日:2019年2月12日

報道発表

戦略的作物の生産性と所得の向上を目指して市内8か所の圃場に農業センサーを設置します

本市は、総務省が実施する「地域IoT実装推進事業」に「農業センサーの活用による戦略 的作物の生産性向上を目指す事業」を提案し、昨年9月28日に採択されました。

これを受け、本市が推奨する戦略的作物であるお茶、オリーブ、トマト、花きの圃場8か所に、温度、湿度、土壌環境等を計測できる農業センサーを下記の日程で設置します。

生産現場ごとに蓄積する異なる環境データ等は、1月28日に設置した「宇部市農業IoT活用協議会」において検証し、その成果を本市農業の生産性の向上と所得の向上につなげていきます。

設置日程及び場所

日程

2月12日(火曜日)~2月20日(水曜日)

場所

オリーブ圃場3か所(小野、川上、東岐波) 露地用センサー
お茶圃場(小野)
トマト圃場3か所(東岐波、厚南、船木) ハウス用センサー
花き圃場(二俣瀬)

設置業者(農業センサーの活用による戦略的作物の生産性向上を目指す事業受託事業者)

株式会社富士通エフサス 山口支店

取材について

センサー設置後の活用状況は2月20日(水曜日)以降、取材をお受けすることが可能となります。

事業費

13,365,972円(財源 総務省 情報通信技術利活用事業費補助金)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:北部・農林振興部 農林振興課 農地活用・担い手係

住所:〒757-0292 宇部市大字船木字東番田365番地1

電話番号:0836-67-2822

ファックス番号:0836-67-2316