本文へ
文字サイズ
拡大
縮小
色の変更
標準
1
2
3
  • トップ
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign language
  • 暮らし・安心
    • 防災・国民保護
    • 救急・消防
    • 安全・安心・相談
    • 届出・証明書
    • 市税
    • 保険・年金
    • ごみ・リサイクル・衛生
    • 住まい・生活環境
    • 雇用・労働
    • 市民活動・ボランティア・人権
    • 選挙
    • 公共交通・市営駐車場
    • 火葬場・墓地
  • 子育て・教育
    • 母子の健康
    • 子育て支援
    • 保育園・幼稚園
    • 小中学校
    • 手当・助成
    • ひとり親家庭支援
    • 教育・健全育成
    • うべきっず
  • 健康・福祉
    • 成人の健康
    • 医療
    • 健康保険
    • 障害者福祉
    • 高齢者福祉
    • 介護保険
    • その他の福祉
  • 教養・イベント
    • 歴史・文化財
    • 彫刻とうべ
    • 宇部市立図書館
    • 宇部志立市民大学
    • 社会教育・生涯学習
    • 祭り・催し
    • 文化・芸術
    • スポーツ・レクレーション
    • レノファ山口FCを応援しよう!
    • ナナシマチ
    • 宇部市・宇部市教育委員会後援申請
    • ときわ公園公式サイト
    • ときわ動物園公式サイト
    • ときわミュージアム公式サイト
  • まちづくり・ビジネス
    • うべで暮らしませんか
    • 本庁舎建設への取組
    • 環境保全
    • 都市計画・景観・緑化
    • 建築・開発・土地
    • 道路・河川
    • 上下水道
    • 産業
    • うべ元気ブランド
    • 中山間地域づくり
    • 募集・入札・契約
  • 市の紹介・市政
    • 宇部市の紹介
    • 遊びに来ませんか うべ
    • 市長室
    • 市議会
    • 行政視察受け入れのご案内
    • 計画・施策
    • 財政
    • 統計
    • 情報公開
    • 広報・広聴
    • 職員募集・人事・給与
    • 監査
    • 合併
    • 市役所のご案内
    • 宇部市条例規程類集

トップ > 報道発表 > このたびの鳥インフルエンザ防疫対策作業の終了について

ここから本文です。

更新日:2014年3月25日

報道発表

このたびの鳥インフルエンザ防疫対策作業の終了について

平成23年2月11日(金曜日)午後8時30分

発生からの経過

2月6日(日曜日)、市民に親しまれている常盤公園で、死んだ野鳥(キンクロハジロ)から高病原性鳥インフルエンザの疑い事例が発生しました。

直ちに、最高の危機レベル4の「宇部市鳥インフルエンザ防疫対策本部」を設置し、常盤公園を立入禁止にし、監視体制を強化して、被害の拡大防止に全力で取り組んでまいりました。
しかしながら2月9日(水曜日)にコクチョウが死んでいるのが見つかり、怖れていた高病原性であるH5亜型であることが確認されました。

高病原性の場合は、弱毒でも鳥の間で感染を繰り返すと強毒に変異すると考えられるため、国においては家きん(ニワトリ・アヒル等)が高病原性鳥インフルエンザに感染した場合は、病原性の強弱にかかわらず殺処分としています。また、我が国では人への感染は確認されていませんが、東南アジアでは鳥から人への感染が確認されています。

常盤公園では多くの鳥を飼育し、広く市民に利用されていることや、市内に多くの家きん飼育農場があること等を踏まえますと、1羽でも発症した場合、感染の拡大が想定されるため、また、飼育鳥も家きんに準じた扱いをするとの県の指導により、一刻も早くハクチョウ類を処分せざるを得ないと判断し、2月9日(水曜日)深夜から本日まで防疫作業を続けてまいりました。

防疫作業の内容

  • 2月9日(水曜日)
    午後10時から防疫作業を開始。離散した鳥の捕獲が困難なため、一旦作業を中止し、対応策を再検討しました。
  • 2月10日(木曜日)
    午前9時30分から3班体制で防疫作業を開始。午後7時30分、この作業を終了し、329羽を捕獲しました。
  • 2月11日(金曜日)
    午前9時から防疫作業を開始。午後0時に捕獲作業を終了し、最終的に338羽を捕獲しました。その後、消毒作業、現地確認作業を終えました。

作業は計画どおり進み、本日午後7時15分をもって当初計画の防疫作業をすべて終了することができました。国、県や警察、企業等関係者の方々に心から感謝申し上げます。
これで感染の拡散に一定の歯止めをかけることができたものと思っております。

今後の対応

しかしながら、高病原性鳥インフルエンザは他県でも頻繁に発生し、予断を許さない状況であり、現地対策本部を継続しながら、引き続き監視を強化するとともに、鳥インフルエンザ防疫対策本部も最終的な結果がでるまで維持し、迅速で万全な防疫対策に全力をあげて取り組んでまいります。

市民から広く愛されている本市の貴重な財産をこのような形で失ったことは誠に残念ですが、市民に親しまれている鳥や動物たちがまだ多く園内にいます。特に隣接するペリカン島のペリカンたちが発症しないことを心から祈りつつ、再発防止に向けて管理・監視体制をさらに強めてまいります。

市民の皆様の御理解をお願いします。

宇部市長  久保田 后子

お問い合わせ

宇部市鳥インフルエンザ防疫対策本部
公園整備局公園緑地課
〒755-0001 宇部市大字沖宇部254番地 ときわ湖水ホール内
電話番号:0836-51-7252
ファックス番号:0836-51-7205