トップ > 報道発表 > 報道発表(平成30年度) > 環境教育モデル校の鵜ノ島小学校で環境学習の成果を発表します

ここから本文です。

公開日:2019年2月12日

報道発表

環境教育モデル校の鵜ノ島小学校で環境学習の成果を発表します

4年生は2分の1成人式の中で、自分たちが段ボールコンポストで作った堆肥を入れた鉢植えを保護者に贈ります。5年生は、これまでの環境学習を活かして自分たちができる環境を守る取組について、保護者の前で発表します。

日時

平成31年2月26日(火曜日) 14時~
(当日は、保護者参観日)

場所

鵜ノ島小学校(宇部市小松原町二丁目10番25号)

「宇部市環境教育モデル事業」とは

平成28年度に策定した宇部市環境教育・学習ビジョンの中で、重点プロジェクトに位置づけた環境教育モデルプログラムの作成を目指す取組です。平成30年度は、藤山小学校、鵜ノ島小学校、藤山中学校をモデル校とし、既存のカリキュラムを基本としつつ、ESDの視点に立ったより効果的な授業が行えるプログラムを検証してきました。

※ESD…Education for Sustainable Developmentの略で「持続可能な開発のための教育」と訳されています。一人一人が自然環境や資源の有限性、地域の将来性など、様々な分野とのつながりを認識し、持続可能な社会の実現に向けて行動する人材を育成する教育のことです。

お問い合わせ

組織名称:市民環境部 環境政策課 地球温暖化対策係

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8245

ファックス番号:0836-22-6016