トップ > 報道発表 > 報道発表(2019年度) > 共生社会ホストタウン宇部市ジュニアサポーター初県外派遣!

ここから本文です。

公開日:2019年8月9日

報道発表

共生社会ホストタウン宇部市ジュニアサポーター初県外派遣!

~「あかしユニバーサル交流会」で取材活動を行います~

本市は共生社会ホストタウン宇部市ジュニアサポーター5名を、兵庫県明石市で開催される市民参加型交流イベント「あかしユニバーサル交流会」に派遣します。

本市は、東京2020オリンピック・パラリンピックをきっかけに、誰もが安心して暮らせる共生社会を実現するため、2017年12月に全国で初めて共生社会ホストタウンに登録されました。

今回、同じく2017年12月に共生社会ホストタウンとして登録された明石市にジュニアサポーターを派遣します。

「あかしユニバーサル交流会」の様子や明石市の先進的な取組みを若者の目線で取材するとともに、ジュニアサポーターが他市の取組みを体験して、本市の共生社会ホストタウンとしての取組みにいかしていきます。

共生社会ホストタウンとしての取組みへ若い世代が参画することにより、市民一人ひとりの意識の醸成をすすめ、共生社会の実現を目指していきます。

※共生社会ホストタウン宇部市ジュニアサポーター制度とは
本市独自の制度で、共生社会の実現に向け、若い世代の意識の醸成を図るめ、2019年2月の「共生社会ホストタウンサミット in 宇部」の開催に合わせ創設。公募により10名を認定(中学生6名、高校生4名)。

あかしユニバーサル交流会

開催日時

令和元年8月25日(日曜日)11時~16時

会場

アスピア明石(兵庫県明石市東仲ノ町6番1号)

主催

明石市

内容

  • フォーラム『誰一人取り残すことのないインクルーシブな社会を目指して』
  • パラスポーツ「ゴールボール」の体験会
  • パラリンピック連続出場の車いす卓球選手と車いすに乗って街に出てみよう
  • 耳の聞こえないピエロと一緒にパントマイムをやってみよう!など

ジュニアサポーターの今後の活動予定

  • 令和元年10月20日(日曜日)
    共生社会ホストタウンサミット in 飯塚への派遣(福岡県飯塚市)
  • 令和元年(日程調整中)
    パラスポーツ大会への参加(市内)
  • 令和元年(日程調整中)
    ユニバーサルマナー研修の受講(市内)
  • その他、市内で開催する共生社会に関するイベントや研修会等にも参加

ここまでの活動

  • ユニバーサルマナー研修、宇部志民大学共生社会学部の特別聴講
  • 宇部市バリアフリーマップ及びときわ公園内の周遊ルートの作成に参画
  • バリアフリーマップを利用したモニターツアーの参加
  • 共生社会ホストタウンサミットin 宇部にスタッフとして参加
  • 宇部市・カステジョ市の姉妹都市提携式典に参加

関連資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:観光・シティプロモーション推進部 観光・グローバル推進課 観光・グローバル推進係

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8353

ファックス番号:0836-22-6083