トップ > 報道発表 > 報道発表(平成30年度) > 補助金を用いて、自治会が護美(ごみ)ステーションを10箇所設置します

ここから本文です。

公開日:2019年3月14日

報道発表

補助金を用いて、自治会が護美(ごみ)ステーションを10箇所設置します

本市では、市民・事業者・行政の三者の協働による3R(ごみの発生抑制、再利用、再生利用)を推進することで、更なるごみの削減とリサイクルの向上に取り組んでいます。ついては、市民のごみ分別の促進と適正なごみ処理、また、ごみ減量意識の向上を図るため、2018年度末までに地域に機能性と美観を備えた「護美(ごみ)ステーション」を自治会が10箇所設置します。

厚南校区岐波台自治体に設置した護美(ごみ)ステーション
厚南校区際波台自治会に設置した護美(ごみ)ステーション

また2019年度は20基設置する予定です。

事業内容

資源循環の推進に向けた新たなごみの分別実証など、本市の3R施策に協力いただける、また協力をいただいた地域を対象に、機能的にも美観的にも優れた「護美(ごみ)ステーション」の設置を進める。

整備概要

地域(自治会)が設置整備するために必要な経費に対して補助金を交付。(上限30万円で補助率10分の10)

護美(ごみ)ステーション設置補助金

  • 2018年度は、10箇所の設置について申請受付終了。

ステーションの仕様等

安全性への配慮やごみ分別機能のほか、設置箇所に応じた形状、また色などについて、地域の要望に沿ったものにすることが可能。

効果

「護美(ごみ)ステーション」の整備は、本市の3R施策に必要不可欠なごみの分別を促す機能を有するものであり、市民のごみ分別意識等の向上が図られる他、使用時の安全面の向上、ステーション周辺の美観の向上にも効果があると考えています。

お問い合わせ

組織名称:市民環境部 廃棄物対策課 廃棄物対策係

住所:〒755-0001 宇部市大字沖宇部字沖ノ山5272番地6

電話番号:0836-33-7291

ファックス番号:0836-33-7294