トップ > 報道発表 > 報道発表(2019年度) > 「グリーンスローモビリティ」の実証調査地域に選定

ここから本文です。

公開日:2019年8月9日

報道発表

「グリーンスローモビリティ」の実証調査地域に選定

~交通のまちづくりを進め、多極ネットワーク型コンパクトシティの実現を目指します~

本市は、令和元年8月1日(木曜日)、令和元年度グリーンスローモビリティの活用検討に向けた実証調査支援事業の実証調査地域に選定されました。

これは、グリーンスローモビリティの地域での活用に向け、国土交通省が実施するもので、地方自治体を対象に公募が行われ、本市を含む7地域が選定。

本市は、「宇部市にぎわいエコまち計画」や「宇部市立地適正化計画」などを策定し、中心市街地や地域の拠点等の求心性を高め、それらを鉄道やバス、地域内交通などの公共交通で結ぶ「多極ネットワーク型コンパクトシティ」への転換を目指しています。

グリーンスローモビリティは、自宅から駅やバス停、主要な生活関連施設などへの「地域の足」として元気で安心な暮らしを支えるとともに、公共交通の利用促進や環境負荷の低減を図る便利でエコなモビリティです。

今回の実証運行により、住民の利便性や公共交通への関心度などを検証。まちづくりと交通政策を一体化させた「交通まちづくり」を加速化し、「多極ネットワーク型コンパクトシティ」の実現を進めます。

今後、関係機関と最終的な運行ルートなどの調整を行い、本年11月頃の実証調査を予定しています。

※グリーンスローモビリティとは
電動で、時速20km未満で公道を走る4人乗り以上のモビリティ。環境への負荷が少なく、狭い路地も通行が可能で、高齢者の移動手段の確保や観光客の周遊に資する新たなモビリティとして期待されている。(略称:グリスロ)

運行車両(予定)

株式会社シンクトゥギャザー社製「eCOM-8²」:1台

乗車定員:10人(運転者1人を含む)

最高速度:19km/h

運行車両

運行ルート(予定)

運行ルートの地図です。JR新川駅周辺から新天町周辺まで運行が予定されています。

スケジュール(予定)

8月中旬~ 関係機関と運行ルートの確認
9月中旬 運行ルートの決定
11月頃 実証調査の実施
運行回数、調査期間(国土交通省と調整中)
実証調査終了後 国土交通省へ報告

関連資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:総合戦略局 共生社会ホストタウン推進グループ  

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8484

ファックス番号:0836-22-6008