トップ > よくある質問と回答 > 届出・証明書 > 【住民票】 市外へ引越しをする予定ですが、転出の手続きは?

ここから本文です。

更新日:2019年5月10日

【住民票】 市外へ引越しをする予定ですが、転出の手続きは?

質問

市外へ引越しをする予定ですが、転出の手続きはどうしたらよいですか?

回答

転出の手続きをされますと「転出証明書」をお渡しします。この転出証明書を持って新住所地の市区町村窓口で転入の手続きをしてください。
転出予定日の14日前から転出するまでの間、もしくは、新住所に住み始めた日から14日以内に転出の手続きをしてください。
届出人は、本人または転出前の住所で本人と同一世帯の方(世帯主・世帯員)および異動者の配偶者・直系親族です。それ以外の方が届出をする場合には委任状が必要です。
なお、同一世帯であっても直系親族でない場合は委任状が必要です。
異動する方が未成年や成年被後見人などの場合は親権者や成年後見人が届出人となります。

住民基本台帳カードやマイナンバーカードをお持ちの方は、「転入届の特例」の対象となります。(紙の転出証明書は発行されません)
転出予定日の14日前から転出するまでの間、もしくは、新住所に住み始めた日から14日以内に転出の手続きをしてください。

なお、転入届の特例の方は新住所に引っ越しをされた後に、住所の届け出をされる際、届出期間にご注意ください。(「届出期間」は、転入した日から14日以内か、転出予定日から30日以内のどちらか早い方となります。)届出期間を過ぎた場合、住民基本台帳カードやマイナンバーカードは失効します。その場合は、特例ではなく紙の転出届が必要となりますので転出証明書の再発行が必要となります。

手続きの際に届出人の本人確認をしますので、公的な本人確認書類(運転免許証・保険証など)をご提示ください。
成年後見人など法定代理人が手続きをされる場合は戸籍謄本(本籍が宇部市の場合は不要です。)や登記事項証明書の原本(発行後3カ月以内のもの)が必要です。

印鑑登録証は、転出されると自動的に抹消されますのでお返しください。必要があれば新住所地の市区町村役場で新規登録してください。

転出にともない、その他の手続きがございます。また郵便で転出証明書を請求できますので、詳しくは以下のページ(このページは携帯電話では閲覧できません)に掲載しています。

お問い合わせ

組織名称:市民環境部 市民課 届出登録係

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8238

ファックス番号:0836-22-6017