トップ > よくある質問と回答 > 届出・証明書 > 【住民票】 市内で転居するときの住所変更の手続きは?

ここから本文です。

更新日:2019年5月10日

【住民票】 市内で転居するときの住所変更の手続きは?

質問

市内で転居するとき、住所変更の手続きはどうしたらよいですか?

回答

本人または転居後の住所で本人と同一世帯となる方(世帯主、世帯員)および異動者の配偶者・直系親族が、転居した日から14日以内に届出をしてください。
上記以外の方が手続きされる場合は、委任状が必要です。
なお、同一世帯であっても直系親族でない場合は委任状が必要です。
異動する方が未成年や成年被後見人などの場合は親権者や成年後見人等が届出人となります。
転居前に手続きはできませんのでご注意ください。
以下のいずれかをお持ちの方は転居後の住所を記載しますのでご持参ください。
・住民基本台帳カード
・マイナンバーカード
・通知カード
・在留カードまたは特別永住者証明書(外国人住民の方)

なお、お届けの際は届出人の本人確認をしますので、公的な本人確認書類(運転免許証・保険証など)をご提示ください。
成年後見人など法定代理人が手続きをされる場合は戸籍謄本(本籍が宇部市の場合は不要です。)や登記事項証明書の原本(発行後3カ月以内のもの)が必要です。

国民健康保険や介護保険等の加入者は、住所変更の手続がありますので保険証をお持ちください 。手続きが終了した後で、保険年金課や介護保険課で住所変更の手続きをお願いします。

印鑑登録証は、手続き終了後に自動的に新しい住所に変更されますので、住所変更の手続きは不要です。

お問い合わせ

組織名称:市民環境部 市民課 届出登録係

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8238

ファックス番号:0836-22-6017