トップ > 募集情報 > 暮らし・安心 > 宇部市専門人材誘致家賃助成金

ここから本文です。

更新日:2019年5月10日

宇部市専門人材誘致家賃助成金

本市の医療・福祉・保育・建設・ICT分野の人材確保並びに移住の促進を目的として、本市へ転入する医療・福祉・保育・建設・ICT人材に対し、賃貸住宅の家賃の一部を市の予算の範囲内において助成します。

※本助成金の利用に当たっては、就業開始日の1か月前までに「宇部市専門人材誘致家賃助成金利用申込書(PDF:164KB)」の提出が必要です。詳しくはお問い合わせください。

助成対象者

次に掲げるすべての要件を満たす方

  • 市外から宇部市に転入し、定住する意思があること
  • 医療・福祉・保育・建設・ICT人材のいずれかとして関係事業所に勤務すること
  • 就業1か月前から就業開始日までの間に本市に住民票の転入届を提出すること
  • 事業所の人事異動に伴う転勤や就学などの一時的な転入ではない
  • 同一世帯内に賃貸住宅の契約者がおり、その世帯内の者が家賃を支払うこと
  • 市税等を滞納していない(※)

※申請時に、市税等について「滞納がないことを証する証明書」を提出していただきます。

助成金の内容

助成金の額

家賃の2分の1に相当する額(ただし限度額は、1か月につき1万円、中心市街地(※)の場合は2万円)

(1,000円未満の端数が生じた場合は、その端数を切り捨てた額)

※中心市街地の詳細はお問い合わせください。

助成対象期間

最長12か月

申請方法

申請用紙に記入し、必要書類を添えて受付(政策企画グループ)へご提出ください。

申請用紙は下記からダウンロードできます。

申請時に提出する書類

※就業開始後14日以内に申請が必要です。

※提出された申請書の内容により助成金額が決定します。決定した助成金額は、交付決定通知書により申請者にお知らせします。

※書類への押印はすべて同じ印鑑を使用してください。

※すべての書類の印影が同じでない場合は、書類の再提出をお願いします。

内容を変更する際に提出する書類

実績を報告する際に提出する書類

※実績の報告は、上半期(4月1日~9月30日)、下半期(10月1日~3月31日)それぞれの期間ごとに必要です。

助成金を請求する際に提出する書類

注意事項

  • 助成金は、一人について1回限りの助成です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:総合戦略局 政策企画グループ  

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8480

ファックス番号:0836-22-6008